終盤反撃も実らず、ホームで手痛い完封負け…。


HougangWeb140605

Sリーグ第14節、アルビSはジュロンイーストスタジアムでホーガン・ユナイテッドと対戦。リーグ後半戦初の連勝を狙うアルビSだが、この試合は序盤から本来のリズムをつかむことができない。しかしながらディフェンスでは第11節以来の復帰となった堀田秀平を中心に粘り強く守り、前半をスコアレスで終える。

後半、攻勢に出たいアルビSだが開始早々の50分、左サイドからのクロスを逆サイドでうまく合わせられ失点し、先制を許してしまう。なかなか調子の出ないアルビSは岡崎和也、吉田康也を投入し、攻撃の活性化を狙う。すると、アルビSらしい攻撃から西田大洋、山田樹、藤原賢土と立て続けに決定的なチャンスを得るも全てゴールに繋げることはできずに試合は終盤へ。その後は1点を守りきりに入った相手を崩すことができず試合終了。

上位進出へ向けて連勝を狙ったアルビSだが、ホームで手痛い完封負けを喫してしまった。


2014 Sリーグ 第14節

【日時】
2014年6月5日(木) 7:30pm Kick Off

【対戦相手】
ホーガン・ユナイテッド

【会場】
ジュロンイーストスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 0
ホーガン・ユナイテッド     1

【アルビS得点者】
なし

 

試合の様子は公式ブログALB.S TVでご覧いただけます。
———————————————————————————————-

★「いいね!」アルビSフェイスブックページ
Albirex.S facebook page

★試合実況はこちら!アルビSツイッター
Albirex.S twitter

★より多くの写真をご覧になりたい方はこちら!
アルビ・フォトアルバム