3点差を追い付くも終了間際に力尽き悔しい敗戦。


DPMMWeb140629

シンガポールカップ準々決勝1stレグ、アルビSはジュロンイーストスタジアムでブルネイ・ディーピーエムエムと対戦。3年ぶりの準決勝進出を目指すアルビSだが開始早々の5分、7分と立て続けにゴールを許し2失点を喫してしまう。さらに17分にもミドルシュートを決められ、0−3と試合はさらに苦しい展開に。反撃に出たいアルビSは34分、左サイド山田樹のクロスに岡崎和也がヘディングで合わせてゴール。1点を返すことに成功し、1−3で前半を終える。

後半、リズムを取り戻したアルビSは56分、岡崎和也のスルーパスに抜け出した太田圭祐が決めて2点目。さらに63分にはCKから最後は坂本一輝がボレーシュートを決めて3点差を追い付くことに成功する。この勢いで逆転を狙うアルビSだが、決定的なチャンスを決めきれず、試合は終盤へ。すると終了間際の90分に一瞬の隙をつかれ勝ち越しゴールを許してしまうと試合はそのまま終了。

シンガポールカップ準決勝進出へ、2ndレグでは2点差以上での勝利が必要となった。


2014 シンガポールカップ 準々決勝1stレグ

【日時】
2014年6月29日(日) 8:00pm Kick Off

【対戦相手】
ブルネイ・ディーピーエムエム

【会場】
ジュロンイーストスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 3
ブルネイ・ディーピーエムエム  4

【アルビS得点者】
岡崎和也(34′)
太田圭祐(56′)
坂本一輝(63′)

 

試合の様子は公式ブログALB.S TVでご覧いただけます。
———————————————————————————————-

★「いいね!」アルビSフェイスブックページ
Albirex.S facebook page

★試合実況はこちら!アルビSツイッター
Albirex.S twitter

★より多くの写真をご覧になりたい方はこちら!
アルビ・フォトアルバム