終盤の反撃及ばず、シンガポールカップ敗退。


DPMMWeb140704

シンガポールカップ準々決勝2ndレグ、アルビSはジャランべサルスタジアムでブルネイ・ディーピーエムエムと対戦。準決勝進出のためには2点差以上での勝利が必要なアルビSだが17分、CKから早速ゴールを許し1stレグに続き先制点を奪われてしまう。さらに26分にはペナルティエリア内、角度のないところから鮮やかなゴールを決められ2試合合計で3−6と苦しい展開に持ち込こまれ、前半を終える。

準決勝進出へ3ゴール以上が必要となったアルビSは後半から赤坂幸紀を投入、さらに森崎広樹、西田大洋を前線に入れて反撃を狙う。すると86分、ショートコーナーから最後は川上典洋が押し込み1点を返すことに成功する。終了間際にも立て続けに川上典洋がシュートを放つも惜しくもポストに弾かれそのまま試合終了。

リーグ戦首位相手に1stレグ、2ndレグ共に敗戦を喫したアルビSはシンガポールカップ準々決勝敗退が決まってしまった。


2014 シンガポールカップ 準々決勝2ndレグ

【日時】
2014年7月4日(金) 8:00pm Kick Off

【対戦相手】
ブルネイ・ディーピーエムエム

【会場】
ジャランべサルスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 1
ブルネイ・ディーピーエムエム  2

【アルビS得点者】
川上典洋(86′)

 

試合の様子は公式ブログALB.S TVでご覧いただけます。
———————————————————————————————-

★「いいね!」アルビSフェイスブックページ
Albirex.S facebook page

★試合実況はこちら!アルビSツイッター
Albirex.S twitter

★より多くの写真をご覧になりたい方はこちら!
アルビ・フォトアルバム