前半3失点するも諦めずに4点を奪い返し劇的な逆転勝利!


GeylangWeb140828

Sリーグ第22節、アルビSはべドックスタジアムでゲイラン・インターナショナルと対戦。優勝を狙うにはここで勝点3を獲得し上位チームにプレッシャーをかけておきたいところ。

立ち上がりはお互いチャンスをつくれないながらも攻守が激しく入れ替わる展開。しかし15分、ゴール前混戦からボールは自陣ゴールへ。相手ファールで取り消されたゴールだが、判定が覆りゴールと認められいきなり1点のビハインドを背負う。その後は気を取り直して反撃に転じるが、35分、相手のカウンターを受け自陣左サイドからクロスを許すと、手を伸ばしてGK荻野賢次郎が弾いたボールが相手選手前へ。なんなく決められ2点目を許す。こうなると悪い流れなのか、その直後の39分にも相手FKからゴール前の混戦となり、そのまま押し込まれて3点目を失う。
しかしここで諦める訳にはいかない。3点目を失った直後の43分、相手ゴール前でパスをつなぎ、足下にうけた坂本一輝が豪快なミドルシュート叩き込む。前半のうちに1点を返し、失った流れを引き戻す。

後半、立ち上がりからアグレッシブなプレーで相手陣内に攻め込むアルビS。57分、何度となく攻撃の形をつくり相手を圧倒する中、前線にパスを預けた赤坂幸紀が左サイドをかけあがり、リターンで受けてドリブル。相手をかわして中央に切れ込み右足でそのままシュート、それが見事決まり1点差とする。さらに攻撃の手を緩めないアルビSは69分、CKからの混戦を制し太田圭祐が蹴り込みついに同点。すでに攻撃の手を失い戦意喪失した相手に、逆転に向け攻撃を繰り出すアルビSだったが、なかなか決定機をつくれず焦りが見え始めた試合終了直前にドラマが。アディショナルタイム、左サイドからのクロスを前線にあがっていた川上典洋が相手選手と競り合いながらも体を伸ばしヘッド、これがワンバウンドしてゴールに吸い込まれとうとう逆転すると試合終了。

3点を失いながらも最後まで闘志をみせ、劇的な逆転勝利を飾ったアルビS。絶対にほしかった勝点3を得て、逆転での優勝を目指す!


2014 Sリーグ 第22節

【日時】
2014年8月28日(木) 7:30pm Kick Off

【対戦相手】
ゲイラン・インターナショナル

【会場】
べドックスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 4
ゲイラン・インターナショナル  3

【アルビS得点者】
坂本一輝(44′)
赤坂幸紀(58′)
太田圭祐(69′)
川上典洋(90′)

 

試合の様子は公式ブログALB.S TVでご覧いただけます。
———————————————————————————————-

★「いいね!」アルビSフェイスブックページ
Albirex.S facebook page

★試合実況はこちら!アルビSツイッター
Albirex.S twitter

★より多くの写真をご覧になりたい方はこちら!
アルビ・フォトアルバム