最後までゴールを奪えず手痛い完封負け。


BalestierWeb141006

Sリーグ第24節、アルビSはトアパヨスタジアムでバレスティア・カルサと対戦。上位6チームによるファイナルステージ第2戦、リーグ優勝に向けて残り4試合勝ち続けるしかない。

前半、開始早々の8分右サイドからクロスを許すとこれを高い打点のヘディングで合わせられ失点。早くも先制点を献上する苦しい展開に。先制を許したアルビSだがその後は確実にボールを支配し、相手ゴールに迫る。しかしシュートは枠を捉えることができず0−1のビハインドで前半を終える。

後半から堀田秀平と長崎健人を中盤に投入し、攻撃の厚みを増したアルビSはさらにボール支配率を高めて攻勢に出る。しかし前半同様にゴール前での精度を欠き、なかなか同点ゴールを奪うことができない。すると終了間際の90分、ペナルティエリア内でのハンドからPKを与えてしまうとこれを確実に決められて0−2。アディショナルタイムも最後まで攻め続けたアルビSだが結局ゴールは奪えず試合終了。

是が非でも勝利が必要だったアルビSだがアウェイで手痛い完封負けを喫する結果に終わった。


2014 Sリーグ 第24節

【日時】
2014年10月6日(月) 8:30pm Kick Off

【対戦相手】
バレスティア・カルサ

【会場】
トアパヨスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 0
バレスティア・カルサ  2

【アルビS得点者】
なし

 

試合の様子は公式ブログALB.S TVでご覧いただけます。
———————————————————————————————-

★「いいね!」アルビSフェイスブックページ
Albirex.S facebook page

★試合実況はこちら!アルビSツイッター
Albirex.S twitter

★より多くの写真をご覧になりたい方はこちら!
アルビ・フォトアルバム