10月31日(土)アルビレックス新潟バルセロナ(男子)試合結果


ALBB151031いつもアルビレックス新潟シンガポールにあたたかいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
アルビレックス新潟バルセロナ(男子)は10月31日(土)にスペイン・カタルーニャ州4部リーグ第7節・シストレイェス戦が行われましたので、下記の通り結果をお知らせいたします。

 

2015-16 カタルーニャ州4部リーグ 第7節
【日時】
2015年10月31日(土)20時00分 キックオフ

【対戦相手】
シストレイェス

【スコア】
アルビレックス新潟バルセロナ 1
シストレイェス 2

【アルビB得点者】
アンドレス (75′)

【マッチレポート】
順位の近い相手に対して主力のスペイン人選手を多く欠くこの日のアルビレックス新潟バルセロナ(アルビB)。
アウェイで絶対にものにしたい試合を難しい状況で迎えました。

相手も若い選手が多くポゼッションを好むチームでしたが、アルビBも中央のブロックを崩さず得点を許しません。
しかしそれは相手も同じく、アルビBはボールを奪ってから相手のサイドバックの背後を素早く狙うも最終的にフィニッシュに持ち込む中央のエリアは固く閉ざされていました。

前半はスコアレスのまま終わり、後半がスタート。
この試合ではこのカテゴリーならではの難しさが散見されます。
開始早々の46分、何でもない様に見られた諸葛勇のチャージからPKを取られ先制を許します。その後も相手有利の判定が続きますが、こちらが抗議を重ねれば重ねるほど主審の判定は相手寄りになっていきます。
1度は追いつくも再三のチャンスは見逃されたファウルにより潰され、後半残り1分というところでまさかの失点。手痛い敗戦に終わりました。

安定しないレフェリング、プロカテゴリーじゃないがゆえに安定しないチームメンバー。アマチュアカテゴリーではあるものの勝負は真剣そのもの。
プレーのみならず外部の要素をいかにコントロールするか、翌週に向けてチームの組織力が試される1週間になりそうです。