11月1日(日)アルビレックス新潟バルセロナ(女子)試合結果


ALBB_L151025いつもアルビレックス新潟シンガポールにあたたかいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
アルビレックス新潟バルセロナ(女子)は所属するFontsanta Fatjo Aにて11月1日(日)にスペイン・カタルーニャ州トップリーグ第7節・ATLÈTIC PRAT, C.F戦、Fontsanta Fatjo Bにて11月1日(日)にスペイン・カタルーニャ州1部リーグ第7節・PUBILLA CASAS, C.E.戦が行われましたので、下記の通り結果をお知らせいたします。

 

2015-16 カタルーニャ州トップリーグ 第7節
【日時】
2015年11月1日(日)20時00分 キックオフ

【対戦相手】
ATLÈTIC PRAT, C.F

【スコア】
Fontsanta Fatjo A 0
ATLÈTIC PRAT, C.F 3

【マッチレポート】
Fontsanta Fatjo Aはここ数試合勝つことができず、上位陣に食い込むためにもホームで重要な試合となりました。
織立真有は左DF、柿木瑠奈は左FWとして先発出場。
チームはここ最近取り組んでいる4-3-3のフォーメーションに選手も適応し、互角の戦いを演じます。
しかし、前半終了間際のCKのこぼれ球からゴールを許し1点のビハインドで折り返します。

ハーフタイムに気持ちを入れ直しますが、後半早々の46分に追加点を喫してしまいます。
その後、何とか反撃をするも87分に3点目を入れられ試合終了。

内容は互角だったものの気を付けるべき、試合の開始・終了5分の集中力とセットプレーで差をつけられ完敗。
ここ数試合勝つことができませんが、我慢をしながら気持ちを入れ替えて次節に挑みたいと思います。

【アルビレックス新潟バルセロナ(女子)選手寸評】
GK吉田麗子
不出場

MF織立真有
CK、FKのセットプレーのキッカーを務める。
果敢なオーバーラップで攻撃参加。

MF柿木瑠奈
左FWで先発出場。
前線からのプレス、起点を作るもフィニッシュまでは持ちこむことができませんでした。

 

2015-16 カタルーニャ州1部リーグ 第7節
【日時】
2015年11月1日(日)19時15分 キックオフ

【対戦相手】
PUBILLA CASAS, C.E.

【スコア】
Fontsanta Fatjo B 5
PUBILLA CASAS, C.E. 0

【マッチレポート】
チーム力の差があり前半から少ないタッチでボールを繋ぎながらゴールを目指すFontsanta Fatjo Bは開始7分に先制すると17分に追加点を挙げ前半を2-0で折り返します。
前半2-0で勝っていながらも後半に2点を許し引き分けた試合もあったため監督はハーフタイムに3点目の重要性を説き後半に臨みます。
51分に待望の3点目を挙げると相手も反撃の気力が奪われその後は4・5点目を決めて試合をものにし、3位へ浮上しました。

【アルビレックス新潟バルセロナ(女子)選手寸評】
DF永澤智子
後半より右センターバックとして出場、
ピンチを未然に防ぎ、またボールも慌てずにチームメイトに繋ぎ勝利に貢献。

MF渡辺千尋
怪我のため不出場