11月15日(日)アルビレックス新潟バルセロナ(男子)試合結果


ALBB151115いつもアルビレックス新潟シンガポールにあたたかいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
アルビレックス新潟バルセロナ(男子)は11月15日(日)にスペイン・カタルーニャ州4部リーグ第9節・バルビドレラ戦が行われましたので、下記の通り結果をお知らせいたします。

 

2015-16 カタルーニャ州4部リーグ 第9節
【日時】
2015年11月15日(日)20時00分 キックオフ

【対戦相手】
バルビドレラ

【スコア】
アルビレックス新潟バルセロナ 3
バルビドレラ 2

【アルビB得点者】
バドリ (43′)
馬場祐作 (44′)
馬場祐作 (67′)

【マッチレポート】
第9節のリーグ戦は今季の中でも最もキックオフの早い朝10時スタートとなったアルビレックス新潟バルセロナ(アルビB)。
山の上のグラウンドに朝9時集合ということもあり、チームにはなれない環境です。アウェイというのは常に予想のつかない要素が試合を動かすもの。この日は相手が格下のチームとはいえ一切の油断は許されません。

試合はキックオフからコントロールがなかなか効かず、不安定な立ち上がり。狭いグラウンドと長身の選手、繰り返されるハイボールとアルビBには望ましくない試合展開が続きます。そんな中、ハイボールを処理するためエリア内で振り上げたコマスの足がPKを取られ先制点を与えてしまいます。

失点後も落ち着かない展開が続きますがロングボールを受けたチーム得点王のバドリが同点ゴールを、そして立て続けに馬場祐作が前半終了間際に得点し、試合を折り返す前に逆転に成功します。

試合の要所とも言える時間を抑えたアルビBは後半の立ち上がりも上手く試合に入り、相手の追走を許しません。ファウルも増え試合がもつれ始めた後半20分過ぎ、またも裏へと抜け出した馬場祐作がこの日2得点目を挙げ3-1。

フィジカル中心のタフな試合はその後も続き1点を返されるものの何とか逃げ切り勝利。
1試合未消化の中で順位を5位にあげる貴重なアウェイでの勝利となりました。