11月22日(日)アルビレックス新潟バルセロナ(女子)試合結果


ALBB_L151122いつもアルビレックス新潟シンガポールにあたたかいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。
アルビレックス新潟バルセロナ(女子)は所属するFontsanta Fatjo Aにて11月22日(日)にスペイン・カタルーニャ州トップリーグ第10節・PARDINYES C.F. A戦が行われましたので、下記の通り結果をお知らせいたします。

 

2015-16 カタルーニャ州トップリーグ 第10節
【日時】
2015年11月22日(日)12時00分 キックオフ

【対戦相手】
PORQUERES, U.E. A

【スコア】
Fontsanta Fatjo A 4
PARDINYES C.F. A 2

【マッチレポート】
今節の対戦相手はバルセロナから2時間にあるレイダのチームです。
女子のカタルーニャ州トップリーグはチームがカタルーニャ全土に散らばっているため地方での試合も多くなります。
朝8時半に集合してチャーターしたバスに乗って対戦相手のグラウンドへ向かいます。

現在16チーム中12位のFontsanta Fatjo Aは中位を目指すためにどの試合も落とせません。
一方で対戦相手のPARDINYES C.F. Aは9位です。

試合は序盤からFontsanta Fatjo Aのペースで進み、前半にFKから先制、さらに後半開始早々にも追加点を決め2-0と楽勝ムードとなりました。
しかし相手の数少ない攻撃からのCKで失点すると流れが変わります。
残り5分耐え抜けば勝てるところでしたが相手のカウンターから失点し同点にされてしまいます。
このまま試合終了かと思われた90分に繋がれたボールを織立真有が左足で流し込み貴重な決勝点を決めます。
その1分後にCKから追加点を奪うと結果としては4-2で勝利、10位に浮上しました。

来週はいよいよ首位のサバデル戦です。今季負けなしのサバデルを倒して上位進出を狙います。

【アルビレックス新潟バルセロナ(女子)選手寸評】
GK吉田麗子
出場なし

MF織立真有
後半より左DFで出場。
途中で左FWになり自身今季初ゴールとなる決勝点を決める。

FW柿木瑠奈
CFとして先発出場。
前線の起点としてためを作り、味方を生かすプレー。
相手DFに対してのプレッシャーもかけ守備面でも貢献。

DF永澤智子
Fontsanta Fatjo Bは今節試合なし

MF渡辺千尋
Fontsanta Fatjo Bは今節試合なし