なでしこJAPANの優勝とSリーグ


このたびのFIFA女子ワールドカップ2011でのなでしこJAPANの優勝を大変嬉しく感じています。

また、アジアにとってもちろん初となるこの優勝の背景に、シンガポールとそのプロサッカーリー

グであるSリーグの存在があることも誇りに思っています。

 

なでしこJAPANのテクニカルスタッフである能仲太司氏、そしてゴールキーパーコー

チの前田信弘氏は、2004年にアルビレックス新潟シンガポールに在籍しておりました。

Sリーグで得た経験が多少なりとも力になれたのでは、と思っています。

彼ら2人に経験の場を与えてくれたSリーグとシンガポールサッカーに感謝するのと同時に、

日本の代表として素晴らしい結果を残したなでしこJAPANの選手、スタッフを改めて誇りに思います。

 

感動をありがとうございました。

チェアマン

是永大輔