終盤の反撃も及ばず悔しい敗戦。


BalestierWeb2013アルビレックス新潟シンガポール(アルビS) は10月20日(日)、ジュロンイーストスタジアムでBalestier Khalsa FCと対戦。
試合前のウォーミングアップ中のアクシデントにより鈴木慎吾を欠いたアルビSは序盤から相手に試合を支配されてしまう。すると19分、ゴール前でボールを失うと強烈なシュートを叩きこまれ失点、先制を許してしまう。反撃に出たいアルビSだが、前半終了間際の43分にミドルシュートから追加点を喫してしまい、0-2の苦しい展開で前半を終える。
後半、本来のアルビSらしいパスサッカーを取り戻したアルビSは徐々にリズムを掴み始めるも決定的なチャンスを創るには至らず、ゴールを奪うことが出来ない。しかし終了間際の87分、ゴール前でFKを獲得するとこれを長崎健人が直接決めて、ようやく1点を返すことに成功する。このまま同点に追いつきたかったアルビSだが、反撃及ばず試合終了。
2位をキープしたものの、またしてもホームで白星をあげることは出来なかった。

2013 Sリーグ 第24節

【日時】
2013年10月20日(日) 7:30pm Kick Off

【対戦相手】
バレスティア・カルサ

【会場】
ジュロンイーストスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール        1
バレスティア・カルサ       2

【アルビS得点者】
長崎 健人 (87′)

 

試合の詳細は最新試合結果ページで、

試合の様子は公式ブログALB.S TVでご覧いただけます。

———————————————————————————————-

★「いいね!」アルビSフェイスブックページ

Albirex.S facebook page

 

★試合実況はこちら!アルビSツイッター

Albirex.S twitter

 

★より多くの写真をご覧になりたい方はこちら!
アルビ・フォトアルバム