シンガポール基本情報

国名 シンガポール共和国 (Republic of Singapore)
人口 約500万人
言語 国語はマレー語。公用語として英語、中国語、マレー語、タミール語
※実際には、英語、マレー語、中国語が混ざっていて、シングリッシュと言われる言葉を話す。
知っておくと便利なシングリッシュ:

  • OK → オッケーラー
  • 出来ない → キャノット(Cannot)
  • ごはんを食べる → マカン
  • 持ち帰り → ターパオ
宗教 仏教、回教、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教 など
通貨 シンガポールドル(Sドル)(S$1=約85円)※2015年1月1日現在
気候 赤道より北へ僅か1度に位置するシンガポールの天候は、1年を通して温暖な熱帯性気候です。
1日の平均温度は26度前後。また湿度も高く、日中は歩いているだけで汗が出てきます。
また12月は雨季となり雨が多い為、肌寒く感じることもあります。
服装 1年を通して半袖で過ごす事が出来ます。
しかし、建物(ホテルやデパートなど)や乗り物はクーラーが強いので、何か羽織るものがあると便利です。
時差 日本よりマイナス1時間 (日本が12時の時はシンガポールは11時)
広さ 699平方キロメートル(東京23区(約700平方キロメートル)とほぼ同じ)
ビザ 観光目的の入国の場合、シンガポールに到着すると30日間までの滞在許可がもらえます。(ビザ必要なし)
ただし入国時、妊娠6ヵ月以上の妊婦は査証が必要。パスポートに6ヶ月以上の有効期限が必要。

知っておくと便利なシンガポールの法律をご紹介

ゴミのポイ捨て

シンガポールでは公衆の衛生、環境に関して厳しく規制を行う法律が定められています。
ゴミ等の不要物を公共の場に捨てる、唾などを公共の場所に吐き捨てるなどの行為には罰金などの科せられる事があるのでご注意下さい。

緑豊かなシンガポール

シンガポールでは、島内の緑を保護する為に、公園・庭園・植物に関する法律が定められています。
むやみに木を折ったり、花を取ったりしないようにご注意下さい。

チューイングガム

チューイングガムは医薬品であると認定された場合を除き、国内への持込は一切禁止されています。
違法に持ち込むと多額の罰金、禁固などが科されることがあります。

シンガポールでは、ハエや蚊についての法律が定めれらています。
いかなる場所に於いても、ハエもしくは蚊の発生となる環境は生活妨害として罰せられます。
そのため、鉢植えの下には水を溜めないなど、駅などのポスターなどで推奨されています。

日本からシンガポールへのアクセス

日本からシンガポールへはJAL(日本航空)など、飛行機で直行便が出ています。
所要時間は約7時間。

シンガポールの歴史 1.伝説の時代

シンガポールの歴史 2.植民地シンガポールに建設

ポルトガル

オランダ

※1648年 オランダ独立(北部7州がネーデルラント連邦共和国の独立を宣言。スペインからの独立)

イギリス

※18~19世紀に飲茶の習慣から中国貿易が始まる(中国・インド・イギリスの三角貿易)
これによりマラッカ海峡の重要性高まる

シンガポールの歴史 3.ラッフルズの上陸と英国領としての発展

シンガポールの歴史 4.英国領としての発展(不干渉政策の放棄と植民地の形成)

→ 爆発的な人口増大。中国人労働者「苦力(クーリー)」や日本人娼婦「からゆきさん」が登場

シンガポールの歴史 5.日本の侵略・統治時代

シンガポールの歴史 6.英国による再統治と独立への道