目の前で優勝を決められる悔しい敗戦、5位でシーズンを終える。


WarriorsWeb141031

Sリーグ最終節、アルビSはチョアチューカンスタジアムでウォーリアーズと対戦。2014シーズン最終戦、優勝の可能性はなくなってしまったがクラブ史上最高位タイの3位を目指して戦う。

前半は逆転優勝を狙う相手にうまく試合をコントロールし、試合を進める。しかし、お互いに決定的なチャンスをつくることはできず、スコアレスで後半へ折り返す。

後半、開始早々の48分、左サイドからのクロスを逆サイドで折り返されるとこれをヘディングで押し込まれ失点。前節同様に痛恨の先制点を許してしまう。同点に追い付きたいアルビSは直後に岡崎和也のヘディングシュートと直接FK、さらには山田樹の強烈なミドルシュートと積極的に攻め入るもゴール前を堅める相手にゴールを奪うことができない。試合終盤には川上典洋、西田大洋を前線に上げてゴールを狙い続けるも最後までゴールを奪うことができず試合終了。

勝利したウォーリアーズは首位DPMMが敗れたため、逆転でリーグ優勝を決める結果となった。
一方でアルビSは2014シーズンを勝点44(13勝9敗5分)の5位で終えた。


2014 Sリーグ 最終節

【日時】
2014年10月31日(金) 7:30pm Kick Off

【対戦相手】
ウォーリアーズ

【会場】
チョアチューカンスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 0
ウォーリアーズ  1

【アルビS得点者】
なし

 

試合の様子は公式ブログALB.S TVでご覧いただけます。
———————————————————————————————-

★「いいね!」アルビSフェイスブックページ
Albirex.S facebook page

★試合実況はこちら!アルビSツイッター
Albirex.S twitter

★より多くの写真をご覧になりたい方はこちら!
アルビ・フォトアルバム