『Albirex Sports Development Fund』新潟ツアー第3日目


いつもアルビレックス新潟シンガポールに温かいご声援をいただき誠にありがとうございます。
スポーツを通じてシンガポールと日本を盛り上げることを目的に設立した『Albirex Sports Development Fund』による新潟ツアーがいよいよ始まりました。
初めて新潟を訪れるTan Yu Henくん(13歳)とMuhammad Danial bin Mohammad Ferozくん(12歳)の活動の様子をお伝えしていきます。

今日のアクティビティー1つ目は、ツアーの中でも楽しみにしていたアルビレックス新潟の練習見学。アルビレックス新潟トレーニングの施設である「アルビレッジ」にお邪魔し、施設見学と選手たちのトレーニング見学をさせていただきました。
まず最初は、アルビレッジ代表安藤様の案内により、施設の概要説明やクラブハウス、選手が食事をとるレストランを見学させていただきました。天然芝2面、人工芝3面、その他屋根付きフットサル場やテニスコートなどを備えたシンガポールでは見たことのないプロの施設に、Yu HenくんとDanialくんはとても驚きの様子。
また、練習見学では、真剣な表情で選手たちのトレーニングを見ており、きっとシンガポールに戻ってから自分たちの練習に活かしてくれることでしょう。


憧れのJリーガーたちが目の前に!


真剣にトレーニングを見学


充実したプロの施設に驚き


アルビレックス新潟シンガポールで2年間プレーし、今年新潟に移籍した河田選手に会うことができました!

お昼前にアルビレッジを後にし、その後は新潟の老舗和食レストラン「加島屋」でのランチ。本格的な日本食を楽しんだあとは、新潟アルビレックスランニングクラブでの「走り」のトレーニング。サッカーで重要な「走る」ことについて、姿勢や足の運び、腕の使い方など大切な要素を教わりました。場所は新潟市陸上競技場。指導は、新潟アルビレックスランニングクラブの植野コーチ・田中コーチです。


加島屋でのランチはサーモンの味噌漬けをいただきました


新潟アルビレックスランニングクラブの植野コーチと記念撮影


入念にウォーミングアップ


姿勢を気にしながら真剣な表情で取り組むDanialくん


ハードルを使い手と足の運び方を学ぶYu Henくん

今日の最後のメニューは、アルビレックス新潟U-12スペシャルクラスでのトレーニング。このツアーのメインであるサッカートレーニングということで、会場のジャパンサッカーカレッジまで2人は待ちきれない様子。
トレーニングは、元アルビレックス新潟の選手で現在は指導者の氏原良二コーチに指導していただきました。
前半はボールの受け方とトラップの方向、身体の向きを教わりました。普段あまり意識していなかったポイントを指摘され、二人は目からウロコの様子。その後は2対3、3対5など、今日教わったことを思い出しながらだんだんとスピード、強度があがる練習に。最後は8対8のゲームで、2人は別々のチームに入り対戦。ゲームになると一気にスピードがあがり、練習で出来ていたことができなかったりするなど反省する場面も。
練習後、二人とも「今まで経験したことのないスピードに驚いた」と感想も。運動量が多いトレーニングで疲れた様子ながらも、充実した表情を見せていました。


練習前、氏原コーチにご挨拶


アルビレックスU-12のみんなの前で自己紹介する2人


ボールを奪いにいくYu Henくん


パスを出すDanialくん


最後は全員で集合写真。みなさんありがとうございました!