国際親善試合 vs U-22 ミャンマー代表『激しい戦いはお互い譲らずスコアレスドロー』


 
 

2014年から続けているミャンマーでのCSR活動が評価され、ミャンマーサッカー協会とは良好な関係を築いている当クラブ。2017年にはミャンマー代表が、昨年はU-23ミャンマー代表が来星し親善試合を行った。そのような背景から、今回もミャンマーサッカー協会の全面的なサポートを受けミャンマー遠征が実現。若い選手たちにとってシンガポールとは違った環境で戦う試合は非常に貴重な経験だ。

中1日空けての2試合目、相手はU-22ミャンマー代表。3−1で勝利したU-19代表からは当然ワンランクアップする。 先発メンバー、フォーメーションともに同様でスタートする。前の試合の疲れが残るものの、今日も勝利を目指してアルビSは戦う。

前半、キックオフ直後のチャンス以降は相手のスピードに翻弄され立て続けにピンチを迎えるアルビS。相手の素早い動きを捕まえきれずにボールを回され、裏への飛び出しからシュートまで持っていかれる。10本近いシュートを打たれ数回決定機を作られるが、福留のスーパーセーブで失点を逃れ45分を終える。

後半、アルビSはフィラスとダニエルに代えて杉山と平賀を投入。平賀の前線からの守備と落ち着いたパス回しでリズムをつかみ始めたアルビSは徐々に形を作り始め、66分にこの試合初めて決定機を作る。80分過ぎから疲れの見え始めた両チームは、中盤にスペースができ打ち合いの形になるが、最後まで得点は生まれず試合終了。
非常に強度が高く見ごたえのある試合は、アルビSにとっても意義のある経験となった。

【日時】
 2019年3月9日(土) 18:00キックオフ

【対戦相手】
 
U-22ミャンマー代表

【会場】
 
ミャンマーナショナルスタジアム

【スコア】
 
アルビレックス新潟シンガポール:0

 U-22ミャンマー代表:0

【先発メンバー】

GK 1 福留 健吾
DF 3 笹原 脩平
DF 7 山﨑 海秀
DF 4 髙橋 成樹
MF 10 仲村 京雅(C)
MF 14 中野 龍
MF 15 澄川 広大
MF 5 フィラス
MF 9 鎌田 啓義
MF 23 ダニエル
FW 8 堀越 大蔵

【サブメンバー】
2 ジェラルド
11平賀 能捷
13 畑中 槙人
16 杉山 颯太
19 福田 駿介
20田邊 大智
21 ハイロニザム


【交代】

46’ 5 フィラス → 16 杉山 颯太
46’ 23 ダニエル → 11平賀 能捷
82’ 14 中野 龍→ 20 田邊 大智

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram