2020年2月16日(日)トレーニングマッチの結果について



 
 
いつもアルビレックス新潟シンガポールにあたたかいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
2月16日(日)に行われましたトレーニングマッチの結果についてお知らせいたします。
 
 
【日時】
2020年2月16日(日) 17:30キックオフ
 
 
【対戦相手】
ヤングライオンズ
 
 
【会場】
ジュロンイーストスタジアム
 
 
【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール:3
ヤングライオンズ:1
 
 
【アルビレックス新潟シンガポール得点者】
37’ 10 土井 智之 (PK)
47’ 10 土井 智之
55’ 13 谷口 遼弥

 
 
【出場メンバー】
1 大川 圭為
5 橋岡 和樹 (C)
4 佐久間 理央
3 武田 航太朗
8 鎌田 啓義
6 ギャレフー ロー
13 谷口 遼弥
28 練習生
17 イマン ハキム
14 三塚 龍哉
10 土井 智之
 
 
【交代】
45’ 6 ギャレフー ロー → 7 栗島 健太
45’ 14 三塚 龍哉 → 9 西口 黎央
66’ 8 鎌田 啓義 → 20 花田 康弘
71’ 28 練習生 → 27 オン ユー エン
75’ 17 イマン ハキム → 18 高橋 真広
 
 
 
 
【重富監督 試合後コメント】
リスタートから失点を許して、隙を見せないという事は徹底していかなければいけないですし、相手の立ち位置を見てシンプルに背後を狙う等、ゲームの中でうまくいかないことを改善していかなければいけないと思います。ただ、雷警報による約1時間の中断があっても、集中して良い入りができたということ、そして、今日の大きなテーマとしていた「全体で連動してプレスをかける」ところから実際にゴールに繋がるシーンが作れたことは、非常に良かったと思います。
 
 
【大川選手(#1) 試合後コメント】
今シーズン初めて先制を許してしまいましたが、逆転して勝つことができて良かったです。
チームとして集中できてない時間帯があったので、自分も含めて90分間常に集中を続かせなければいけません。
また、ほとんどの選手にとってしばらくは初対戦のチームが続くので、試合の中でどれだけ早く相手のサッカーに適応するかはテーマの一つになると思います。
 
 
【三塚選手(#14) 試合後コメント】
もっとボールに絡みたかったですし、せっかくスタメンで試合に出るチャンスをいただけたので、ゴールに向かうプレーを出していきたかったです。
ゴール、アシストといったゴールに直結するプレーの数にこだわってやっていきたいと思います。
 
 
【ユーエン選手(#27) 試合後コメント】
出場する機会をもらうことができてうれしいです。チームメイトは皆良いプレーをしていたので、自分が入った時にどんなプレーで貢献できるかというところを見つけるのは難しかったですが、これからも毎回ベストを尽くして出場時間を確保できるようにしていきたいと思います。
(感じている課題は?)フィジカル面です。トレーニング中でも強くなる必要があると思っているので、毎日しっかりフィジカルトレーニングを積んで、強化していきたいと思います。
 
 
 


味方に指示を出す武田選手(#3)
 
 
 

土井選手(#10)は今日2ゴール
 
 
 

想像力豊かなプレーが光るイマン選手(#17)
 
 
 

パスの出しどころを探す大川選手(#1)
 
 
 

「まだまだ質にこだわりたい」と話す重富監督は試合終了後にも引き締まった表情

 
 
 
 
 
 

 
 

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram