2015 10th leg

2015年度 第10節 2015/05/06 19:30 Kick off
場所:ジュロンウェストスタジアム

Result

Tampines Albirex Niigata (S)
0 0 前半 0 0
0 後半 0
延長前半
延長後半
PK
得点
Fabian Kwok (34') 警告 多木理音 (90')
Pedrag Pocuca (76')
Ismail Yunos (81')
Firdaus Idros (89')
退場

Member

No. 選手名 スターティングメンバー No. 選手名
5 Zulfadli Zainal Abidin 21 野澤洋輔
2 Ismadi Mukhtar 2 山田幹也
4 Fahrudin Mustafic (C) 3 藤原賢土
8 Firdaus Idros 4 斉藤孝裕
9 Mateo Roskam 6 山田樹
10 Eddy Viator 7 水野輝
11 Rodrigo Antonio Tosi 14 稲葉旬
12 Fabian Kwok 20 熊田瑠偉
13 Pedrag Pocuca 10 長崎健人
20 Roberto Alviz 11 井畑翔太郎 (C)
21 Joey Sim 13 河田篤秀
No. 選手名 サブメンバー No. 選手名
22 Siddiq Durimi 1 荻野賢次郎
16 Ismail Yunos 5 向井勇祐
6 Ridhuan Muhamad 9 多木理音
17 Jamil Ali 16 松谷龍紀
19 Aqhari Abdullah 22 日高裕貴
14 Indra Sahdan 24 丁野大河
18 Noh Alam Shah 26 柳川陽
交代 選手交代 交代
Fabian Kwok → Aqhari Abdullah (46') 熊田瑠偉 → 多木理音 (55')
Ismadi Mukhtar → Ridhuan Muhamad (59') 山田幹也 → 向井勇祐 (73')
Aqhari Abdullah → Ismail Yunos (78')
名前 監督 名前
V Sundram Moorthy 奥山達之

Game report

Sリーグ第10節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンウェストスタジアムでタンピネス・ローバーズと対戦。

第1クールを終え、開幕から2試合を落としたもののその後は調子をあげて7戦無敗、6勝2敗1分で暫定首位をキープしているアルビS。

その2敗のうちの1敗、開幕戦で敗戦を喫したのが今節の相手となるタンピネス。
前節バレスティア戦では1−1のドロー、アルビSより2試合少なくまだ7試合しか終えていないが勝点10の暫定5位。

引き分けを1試合挟んでの6連勝と、現時点での勢いでは完全にアルビSの方が優位である。
開幕戦で喫した敗戦の雪辱を晴らすべく、アウェイながらもしっかりと勝点を持ち帰りたい。

試合開始からまず最初に決定機をつくったのはタンピネス。
開始3分、左サイドを突破されグラウンダーのクロスを入れられると、ノーマークで相手FWに渡りフリーでシュートを許す。
しかし幸運にも狙い過ぎた相手のシュートはわずかにゴール右に逸れる。

アルビSのチャンスは14分、MF稲葉旬の左サイドへの展開からチャンスをつくり、ボールを受けたFW河田篤秀がドリブル、ゴール前で相手をかわしてフリーで右足でシュートを放つがこれはゴールバーを越えてしまう。

21分にはゴール正面やや距離のある位置で河田とMF長崎健人がパス交換、相手の隙を突き河田が左足でミドルシュートを放つ。
相手GKが1歩も動けないほどの強烈な一撃だったがわずかにゴール右に逸れる。

29分、右サイドからのクロスを一旦弾き返すが、こぼれ球をを拾った相手選手が距離のあるところからボレーシュート。
意表を突かれるがGK野澤洋輔がしっかり対応し弾き出す。

33分には左サイドでボールを受けた河田が力強いドリブル、相手に当たられながらも突き進み、バランスを崩しながら持ち込んでシュート。
枠を外してしまうが迫力あるプレーを見せる。

お互い集中した守備で中盤を潰し合う展開の45分。
両チームともなかなかシュートまでは持っていけないまま前半を終える。

後半開始直後の47分、アルビSはビッグチャンスを迎える。
裏に飛び出したDF熊田瑠偉にボールが渡るとそのまま持ち込み右足でシュート。
相手GKに弾かれたボールをFW井畑翔太郎が左足でシュートするが、わずかに相手選手の足に当たりCKへ。
その後のCKでもゴール前での混戦から2度に渡りシュートするもいずれも相手DFのクリアにあってしまう。

50分、野澤がビッグセーブ。右サイドから中に切れ込んできた相手に狙いすましたシュートを許すが、ゴール左上ギリギリに飛んだボールを野澤が左手で弾き出し逃れる。素晴らしい反応でチームを救う。

59分には右サイドから入ったクロスを合わされるも、相手FWの放ったヘディングシュートは野澤が再びセーブ。

81分、左サイドでボールを受けた途中出場のFW多木理音が1対1で相手をかわしてエリア内に進入すると、そのまま右足で強烈なシュート。
入ったかに思われたがボールはサイドネット外側。

アディショナルタイムの3分もそのまま経過しタイムアップ。
お互い攻めながらもフィニッシュの精度を欠き、スコアレスドロー。
アルビSは連続無敗試合数を8に伸ばしたが勝点1を分け合う結果に終わった。