2015 27th leg

2015年度 第27節 2015/11/20 19:30 Kick off
場所:ジュロンイーストスタジアム

Result

Albirex Niigata (S) Hougang
1 1 前半 0 0
0 後半 0
延長前半
延長後半
PK
木暮郁哉 (2') 得点
木暮郁哉 (49') 警告 Faizal Amir (8')
河田篤秀 (86') Delwinder Singh (65')
藤原賢土 (90') Vuk Sotirovic (90')
Faizal Amir (90')
退場 Faizal Amir (90')

Member

No. 選手名 スターティングメンバー No. 選手名
21 野澤洋輔 (C) 1 Ridhuan Barudin
2 山田幹也 3 Delwinder Singh
3 藤原賢土 6 Kunihiro Yamashita (C)
4 斉藤孝裕 15 Tengku Mushadad
6 山田樹 21 Lau Meng Meng
20 熊田瑠偉 7 Atsushi Shimono
5 向井勇祐 8 Carlos Delgado
7 水野輝 12 Faizal Amir
8 木暮郁哉 13 Ruzaini Zainal
14 稲葉旬 14 Fazli Jaffar
13 河田篤秀 5 Muhaymin Salim
No. 選手名 サブメンバー No. 選手名
1 荻野賢次郎 10 Vuk Sotirovic
9 多木理音 22 Ahmadulhaq Che Omar
10 長崎健人 16 Kenneth Chang
16 松谷龍紀 17 Faiz Salleh
18 野尻隆哉 9 Diego Oliviera
22 日高裕貴 20 Goh Swee Swee
24 丁野大河 30 Haidil Sufian
交代 選手交代 交代
向井勇祐 → 多木理音 (67') Carlos Delgado → Vuk Sotirovic (52')
熊田瑠偉 → 長崎健人 (82') Tengku Mushadad → Faiz Salleh (73')
Ruzaini Zainal → Renshi Yamaguchi (79')
名前 監督 名前
奥山達之 K.Balagumaran

Game report

Sリーグ最終節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでホーガン・ユナイテッドと対戦。

前節の敗戦によりクラブ史上最高位の2位の可能性が消滅してしまったアルビS。
しかしながら最終節に勝利することで最高位タイの3位の可能性を残すことが出来る。
リーグ戦ホーム最終戦、サポーターに勝利をプレゼントして有終の美を飾りたい。

対戦相手のホーガン・ユナイテッドは勝点21で今シーズンの最下位が決定しているがアルビS卒業生のDF山下訓広とMF下野淳を擁しモチベーションを高く保っている。
前回対戦ではアディショナルタイムのゴールで何とか引き分けに持ち込んだ相手だけに今節も油断をすることは出来ない。

雨季に入ったシンガポールは小雨模様の中、試合は19時30分キックオフ。

開始早々の15秒、アルビSはDF熊田瑠偉がペナルティエリア内で倒されるとPKを獲得する。
2分、これをMF木暮郁哉が右隅に落ち着いて決めて先制。
アルビSは幸先の良いスタートを切ることに成功する。

19分、右サイドを素早いパス交換で突破するとDF山田幹也のクロスを熊田がヘッドで合わせる。
良い形で相手を崩したがこれは惜しくも相手GKにセーブされてしまう。

直後の20分にも木暮の左サイドからのクロスをまたも熊田が合わせるが得点には至らない。

23分、センターサークル付近でファウルをもらうとFKのキッカーはFW河田篤秀。
遠目の距離から直接狙うがDFに阻まれてしまう。

39分、木暮の左からのクロスがDFにクリアされるとCKを獲得。
しかしCKはFWに合わずチャンスを作ることは出来ない。

開始早々のPKで先制したものの追加点を奪うには至らず1-0で前半を終える。

51分、MF稲葉旬が中盤からドリブルで切れ込みミドルシュート。
しかしこれは枠を越えてしまう。

57分、GK野澤洋輔のロングスローを中盤で受けた稲葉がそのままドリブルで相手DFを抜き去りシュート。
決まったかと思われたが相手GKのファインセーブに防がれ追加点とはならない。

63分、ゴール正面でFKを与えると壁の間を通され強烈なシュートを許してしまう。
しかしながら野澤が抜群の反応で弾き出しゴールを許さない。

ピンチを脱したアルビSは66分、木暮から左サイドへ走り込んだMF水野輝にパスが通りドリブルで仕掛けるが、相手に倒されペナルティエリア直前でFKを獲得。
このFKを木暮が直接狙うが惜しくも左ポストに弾かれてまたしても2点目を奪えない。

追加点を奪うべく攻め続けるアルビSは67分にFW多木理音、82分にMF長崎健人を投入する。

すると84分、ペナルティエリア左でFKを獲得すると木暮のキックはDFにクリアされるが、こぼれ球をダイレクトでFW多木理音がシュート。
しかしこれも相手DFに阻まれてしまう。

アディショナルタイムに退場者を出した相手にアルビSは危なげなく逃げ切り、試合はそのまま終了。

追加点こそ奪えなかったもののリーグ最終戦を1-0の完封勝利。
クラブ史上最高位タイの3位の可能性を残すと共に、24日(火)に開催されるシンガポールカップ準決勝第2戦に弾みをつけることに成功した。