2015 9th leg

2015年度 第9節 2015/05/01 19:30 Kick off
場所:ジャランべサルスタジアム

Result

Albirex Niigata (S) Hougang
2 1 前半 1 1
1 後半 0
延長前半
延長後半
PK
熊田瑠偉 (20') 得点 Kunihiro Yamashita (33')
水野輝 (53')
水野輝 (35') 警告 Muhaymin Salim (2')
稲葉旬 (55') Renshi Yamaguchi (70')
退場

Member

No. 選手名 スターティングメンバー No. 選手名
21 野澤洋輔 1 Ridhuan Barudin
2 山田幹也 3 Renshi Yamaguchi
3 藤原賢土 6 Kunihiro Yamashita
4 斉藤孝裕 7 Nakatake Shunsuke
6 山田樹 9 Manato Takahashi
7 水野輝 10 Francisco Ela
14 稲葉旬 (C) 16 Kenneth Chang
20 熊田瑠偉 21 Lau Meng Meng
10 長崎健人 12 Faizal Amir
11 井畑翔太郎 19 Nurhilmi Jasni (C)
13 河田篤秀 5 Muhaymin Salim
No. 選手名 サブメンバー No. 選手名
1 荻野賢次郎 22 Ahmadulhaq Che Omar
5 向井勇祐 15 Tengku Mushadad
9 多木理音 4 Taufiq Ghani
16 松谷龍紀 11 Fareez Farhan
22 日高裕貴 17 Faiz Salleh
24 丁野大河 2 Fairoz Hasan
26 柳川陽 20 Goh Swee Swee
交代 選手交代 交代
長崎健人 → 向井勇祐 (83') Muhaymin Salim → Fairoz Hasan (72')
井畑翔太郎 → 松谷龍紀 (90') Manato Takahashi → Fareez Farhan (77')
Faizal Amir → Faiz Salleh (79')
名前 監督 名前
奥山達之 Salim Moin

Game report

Sリーグ第9節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジャランベサルスタジアムでホーガン・ユナイテッドと対戦。

前節ホーム・ユナイテッド戦では、押しながらも得点を奪えず悔しいスコアレスドロー、勝点1を得るに留まった。
しかし守備は変わらず安定しており、無失点を継続中。
先発メンバーにFW河田篤秀が復帰。MF木暮郁哉に代わりDF熊田瑠偉が今季初の先発出場。

対戦相手のホーガン・ユナイテッドは、前節は10人のハリマウ・ムダに終盤で2点差を追いつかれ3−3のドロー。
ここまで未勝利、勝点4で9位。下位に低迷する相手をしっかりホームで叩き、勝点3を手にしたい。

立ち上がり、アルビSは左サイドにポジションをとった河田にボールを集めて攻撃を組み立てると、そこから立て続けに何度か形をつくる。

8分、相手のFKから完璧なタイミングで合わせられるが、至近距離からのシュートをGK野澤洋輔が左足1本でスーパーセーブ。
完全にやられたかと思ったが辛くも失点を逃れる。

20分にアルビSが先制!左サイドをMF稲葉旬が突破するとパス交換から相手を崩しFW井畑翔太郎が右足で絶妙なクロス、そこに走り込んだ熊田がヘディングでゴール右隅に叩き込む!
今季初先発の熊田がいきなり初ゴールをあげる幸先の良い先制点でリードを奪う!

しかし33分、左CKをゴール正面で合わせられ第2節以来の失点。早くも同点弾を許してしまう。

44分にはカウンターから河田のスルーパスに井畑が抜け出すも戻った相手DFに潰されてシュートには持ち込めない。

1−1で前半を終えると同様のメンバーで後半を迎えるアルビS。
後半の爆発に期待したい。

51分にもCKから同様の形で相手に合わせられるが、ゴールライン上にポジションをとっていたDF山田幹也が間一髪でクリアし事なきを得る。

直後の53分、アルビSが勝ち越し点を奪う!
DF山田樹のロングボールを中央で稲葉が落とすと井畑からMF水野輝、そして右サイドの熊田へとワンタッチで展開。
熊田がダイレクトでゴール前に走り込んだ稲葉に合わせるとこぼれたボールを水野が右足でゴール左に蹴りこみゴール!
鮮やかな勝ち越し弾でスタジアム全体が盛り上がる!

しっかりパスをつないで攻撃を組み立てるアルビSに対して、ひたすら前線にボールを放り込み起点をつくるホーガン・ユナイテッド。
アルビSは跳ね返した後のセカンドボールを拾えるとチャンスを作ることができる。

80分には左サイドからクロスを送られると、ファーサイドで待ち構えた相手FWにヘディングで合わされる。
しかし幸運にもこれはクロスバーに助けられ失点を逃れた。

その後MF長崎健人に代えてMF向井勇祐、井畑に代えてMF松谷龍紀を投入したアルビSは最後までしっかり守りきり試合終了。
セットプレーからの失点で連続完封は途切れたが、流れの中では安定した守りを披露すると攻撃陣がしっかり2ゴールを奪いホームで完勝。

第1クール最終戦を勝利で飾ると無敗試合を7試合連続に伸ばし、暫定首位に再浮上した。