2015 Singapore Cup Semi Final 2nd leg

2015年度 準決勝第2戦 2015/11/24 19:30 Kick off
場所:ジュロンイーストスタジアム

Result

Albirex Niigata (S) Global
2 1 前半 0 1
1 後半 1
延長前半
延長後半
PK
河田篤秀 (10') 得点 Matthew Hartmann (66')
多木理音 (82')
警告
退場

Member

No. 選手名 スターティングメンバー No. 選手名
21 野澤洋輔 (C) 1 Patrick Deyto
2 山田幹也 3 Matthew Hartmann
3 藤原賢土 8 Dennis Villanueva
4 斉藤孝裕 9 Misagh Bahadoran (C)
6 山田樹 11 Daisuke Sato
20 熊田瑠偉 12 Amani Aguinaldo
5 向井勇祐 17 Mario Clarino
7 水野輝 23 Mark Hartmann
8 木暮郁哉 32 Masaki Yanagawa
14 稲葉旬 63 Jerry Barbaso
13 河田篤秀 93 Yu Hoshide
No. 選手名 サブメンバー No. 選手名
1 荻野賢次郎 16 Roland Sadia
9 多木理音 19 Paulo Salenga
10 長崎健人 22 Florenco Badelic
16 松谷龍紀 25 Richard Jr Talaroc
22 日高裕貴 55 Julian Clarino
24 丁野大河
交代 選手交代 交代
熊田瑠偉 → 長崎健人 (70')
向井勇祐 → 多木理音 (79')
木暮郁哉 → 松谷龍紀 (90')
名前 監督 名前
奥山達之 Leigh Manson

Game report

シンガポールカップ準決勝第2戦、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はジュロンイーストスタジアムでグローバルと対戦。

リーグ戦を第3位で終了したアルビS。
史上初のシーズン2冠を目指し今季残された最後のタイトル、シンポールカップ準決勝第2戦を戦う。

相手はフィリピンの雄グローバル。10月に開催されたアウェイでの第1戦を1-0で勝利しているため、この試合を引き分け以上で決勝進出となる。

グローバルはこの試合では日本人選手のDF柳川雅樹とMF星出悠、第1戦は出場停止であったフィリピン代表のMF佐藤大介が揃って先発出場。

この試合は今季のジュロンイーストスタジアムでの最後の試合。
有終の美を飾り決勝進出を果たすためにも、絶対に勝利で終わりたい。

試合は予定どおり19時30分キックオフ!

立ち上がり1分、右サイドでボールを受けたMF木暮郁哉がそのままドリブル、エリア右から強烈なシュートを放ち試合は幕を開ける。

10分、アルビSが抜群のコンビネーションから先制を挙げる!
右サイドから攻め込み、MF水野輝、FW河田篤秀、木暮とリズム良くつなぎ木暮がドリブルで持ち上がると、右サイドから走りこんだ河田に抜群のタイミングでラストパス。
ボールを受けた河田は落ち着いて、飛び出したGKの脇を右足アウトサイドで流し込みネットを揺らす!

一方のグローバルも前線に素早くボールを当ててサイドに展開、積極的な攻撃を仕掛けてくる。
個々の選手も非常に技術が高く、一瞬の気の緩みが命取りになる。

18分、左サイドからクロスを許すとフリーで合わされヒヤッとするが、ヘディングシュートは左に逸れて事なきを得る。

20分には相手のクリアボールを木暮が右足でシュート、相手選手に当たりコースが変わったボールは枠に飛ぶが、相手GKがファインセーブ。

40分、左サイドで木暮が絶妙なスルーパス、飛び出したMF向井勇祐が持ち込みグラウンダーのクロスを送ったところに水野が走り込むがシュートならず。

前半終了。幸先良く先制点を挙げ2戦合計スコアを2-0とし後半へ折り返す。

後半開始早々の50分、決定的なピンチを守護神・GK野澤洋輔が防ぐ。
右サイドから攻め込まれ、放り込まれたこぼれ球が相手に渡りペナルティエリア内からシュートを打たれるが、素早く飛び出した野澤がブロック。
その後も畳み掛けられ再びクロスからピンチを招くと、今度はペナルティエリア右からフリーで強烈なシュートを許す。
今度こそやられたかと思われたが、ここでも野澤が飛び出し身体を張ってシュートを防ぐ。
二度に渡ってピンチを救った守護神、本当に頼もしい。

しかし66分、アンラッキーな形で失点を許す。
バックパスがバウンドし野澤がキックし損ねたボールを奪われると、一度は跳ね返すがこぼれ球を拾われ押し込まれ失点。
2戦合計スコアで2-1と1点差に迫られる。

勢いに乗ったグローバルはそのまま前に前にと仕掛けてくる。
67分の相手のシュートは野澤がキャッチ。
なんとか落ち着きを取り戻し、相手の勢いを止めたい。

70分、アルビSはDF熊田瑠偉に代えてMF長崎健人を送り込む。

71分にはCKからのこぼれ球を入ったばかりの長崎が早速ミドルシュート。
これは相手GKにキャッチされるが、この調子でリズムを作ってほしい。

さらに79分、アルビSは向井に代えてFW多木理音を投入する。

すると早速多木が見せ場を作る。
80分、カウンターから右サイドでボールを受けると、走りこんだ河田に絶妙なアーリークロス。
河田の左アウトサイドでのシュートは枠を外れるが決定的なチャンスを演出する。

82分、アルビSが待望の追加点を奪う!
中盤でMF稲葉旬が相手からボールを奪うとカウンター、木暮に素早くはたくと、木暮はドリブルしながらタメを作る。
全力疾走で追い越してきた河田が木暮からボールを受けるとエリア内に進入。そして最後はゴール前でフリーの多木に送り難なくゴール!
全員が得点機を感じ連動した動きから挙げたビューティフルゴールで再びリードを奪う!

アディショナルタイムもしっかり守り抜き試合終了。
フィリピンの強豪相手に苦しみながらも2ゴール、今季最後のジュロンイーストスタジアムでの一戦に勝利し、4年ぶりのシンガポールカップ決勝進出を決めた!