2016 23rd leg

2016年度 第23節 2016/10/20 19:30 Kick off
場所:ビシャンスタジアム

Result

Home Albirex Niigata (S)
3 1 前半 0 1
2 後半 1
延長前半
延長後半
PK
Ken Ilso (22') 得点 オウンゴール (56')
Shamil Sharif (65')
Ken Ilso (86')
Faris Ramli (78') 警告
退場

Member

No. 選手名 スターティングメンバー No. 選手名
22 Eko Pradana Putra 21 野澤洋輔 (C)
3 Song Uiyoung 3 藤原賢土
4 Juma'at Jantan (C) 4 代田敦資
7 Aqhari Abdullah 5 田中脩史
8 Azhar Sairudin 6 稲葉修土
9 Ken Ilso 8 地頭薗
10 Faris Ramli
11 Sirina Camara 10 長崎健人
12 Nur Hizami 14 石山大地
14 Shamil Sharif 9 三根和起
18 Shahrin Saberin 13 河田篤秀
18 鎌田啓義
No. 選手名 サブメンバー No. 選手名
1 Hyrulnizam Juma'at 1 笠川永太
6 Abdil Qaiyyim 2 山田幹也
17 Mahathir Azeman 7
19 Sufianto Salleh 田朋己
23 Zulfahmi Arifin 15 矢澤忠晃
24 Syahiran Miswan 17 栗原諒
25 Ang Zhiwei 20 熊田瑠偉
11 乾達朗
交代 選手交代 交代
Nur Hizami → Abdil Qaiyyim (63') 藤原賢土 →
Song Uiyoung → Zulfahmi Arifin (77') 田朋己 (46')
Azhar Sairudin → Mahathir Azeman (84') 石山大地 → 乾達朗 (56')
三根和起 → 熊田瑠偉 (79')
名前 監督 名前
Aidil Sharin 鳴尾直軌

Game report

Sリーグ第23節、アルビレックス新潟シンガポール(アルビS)はビシャンスタジアムでホーム・ユナイテッドと対戦。

前節の勝利で勝点を50(16勝2分4敗)へ伸ばし2試合を残して史上初のリーグ優勝を決めたアルビS。
この試合が今季アウェイ最終戦となる。

アルビSは前節に続き3-5-2のシステム。
GKは守護神のGK野澤洋輔が2試合連続の先発出場。
DFライン前節同様に右からDF藤原賢土、DF代田敦資、FW三根和起。
両サイドは右にFW鎌田啓義、左にはDF田中脩史。
中盤、1ボランチにはMF地頭薗雅弥、2シャドーにはMF稲葉修土とMF長崎健人が復帰。
前線はMF石山大地とFW河田篤秀の2トップ。

対戦相手のホーム・ユナイテッドは勝点34(10勝4分8敗)の4位。
上位3チーム中2チームがAFCカップ出場権のないアルビSとブルネイ・ディーピーエムエムのためこのまま4位以上でシーズンを終えればAFCカップ出場となる。
今節同じく4位を争うホーガン・ユナイテッドとゲイラン・インターナショナルが直接対決を迎えるためホームとしては是が非でもこの試合で勝利をおさめたい。
今季の対戦ではアルビSの3戦3勝と相性は良いがこの試合に懸ける相手のモチベーションも高い。
2試合連続で5ゴールを挙げている強力な攻撃陣には警戒が必要だ。

既にリーグ優勝は決まっているが良い形で今季のアウェイゲームを締めくくりたい!

試合は予定通り19時30分キックオフ。

開始早々の6分、河田が倒されるとゴール正面でFKを獲得。
このFKを地頭薗が左足で直接狙うが壁に阻まれて相手GKにキャッチされてしまい前節の再現とはならない。

逆に17分、浮き球でDFラインの裏に抜けられると決定的なピンチ。
GKと1対1となるが相手のシュートを野澤が右足に当てるスーパーセーブ、失点を免れる。

しかしながら22分、パス交換で中央を突破されてシュートを許すとこれを決められて失点。
開始からなかなかチャンスをつくれないアルビSは先制点を許してしまう。

29分には強力なミドルシュートを許すがこれは野澤が横っ飛びでキャッチする。

35分、右サイドからのCKを地頭薗がファーサイドへ送るが河田には合わない。

44分には河田が左足で強力なミドルシュートを放つが相手DFに阻まれてしまう。

良い形をつくることができないアルビS、0-1で前半を終える。
後半まずは同点、そして逆転を狙いたい。

アルビSは後半より藤原に代えて、DF免田朋己を投入する。

53分、地頭薗のロングボールを受けた河田が距離のあるところから狙うがシュートは枠を越えてしまう。

56分、アルビSは早くも2枚目の交代カード。
石山に代えて、MF乾達朗を入れる。

すると直後の左CK、長崎が中央へ送ったボールを相手がヘディング、これがそのままゴールに吸い込まれる!
アルビSはオウンゴールながらも後半早い時間帯に同点に追い付くことに成功する!

この勢いで逆転を目指すアルビSだが65分、縦パスで裏へ抜けられてシュートを許す。
野澤が何とか防いだがこぼれ球を押し込まれて失点、追加点を奪われてしまう。

再び同点を狙うアルビSは72分、ゴール正面からのFKを長崎が直接狙うが壁に当たり相手GKにキャッチされてしまう。

76分、中盤で奪われるとそのままゴール前まで持ち込まれるが相手のシュートはゴールライン手前で免田がクリア。

79分には三根に代えてDF熊田瑠偉を前線に入れて攻撃の手を強める。

しかしながら86分、左サイドを突破されると中央への折り返しを決められて失点。
試合を決定づける3点目を許してしまう。

89分、前線からの守備で熊田が相手GKからボールを奪うと乾がシュート、しかし相手DFに阻まれてしまいゴールならず。

試合はそのまま1-3で終了。
前節リーグ初優勝を決めたアルビSだがアウェイ最終戦は今季初の3失点で完敗に終わってしまった。



【鎌田啓義選手 コメント】
優勝が決まった後の試合はモチベーションや気持ちの入り方が難しい部分がありますが、皆でもっと声を掛け合ってしっかり戦えていたら勝てたと思います。
同点に追い付いていい流れでしたが簡単なミスで失点をするとリズムが崩れてしまうのでミスを修正して皆で合わせていきたいです。
次はホームでリーグ最終節ということで絶対に負けられないし、今まで応援していただいた皆さんにしっかり恩返ししたいです。
またシンガポールカップ決勝も優勝して、サポーターの皆さんと喜んでシーズンを終えたいと思います。