リーグカップ第2節 最後まで集中を切らさず、全員一丸となって4試合振りの勝利を勝ち取る!


 

リーグカップ第2節、アルビレックス新潟シンガポールはホームにウォーリアーズを迎える。

リーグ戦2試合と前節のリーグカップ第1節あわせて3試合も勝利から遠ざかっているアルビS。対戦したどのチームも、リーグ首位の我々を倒そうと死に物狂いで向かってきており、特にFW佐野に対する厳しいマークなどアルビSはリズムをつかめず時間ばかりが過ぎる展開で終えている。しかし、優勝を狙うのであればこれは当然のことなのはわかっている。決して下をむくことなく全力で戦い、今日こそは勝利を飾りたい。

今日の相手ウォーリアーズは、リーグカップ第1節でホーム・ユナイテッドに打ち合いの末4−3の逆転勝利を収めており、エースのJordan Webbもここまでリーグ戦6ゴールと勢いに乗っている。

しかし、ここはホーム、ジュロンイーストスタジアム。アウェーが続いていたが久しぶりに戻ってきた。大勢のアルビサポーターの声援を受け、最後まで走り抜き勝利を分かち合いたい。試合は午後7時30分キックオフ!

 

開始3分、アルビSがいきなりの先制!左サイドからパスをつなぎ相手を集めると、田中が左足でクロス、これをファーサイドでフリーになっていた阪本がヘディングで叩き込む!

先制点をあげ喜びを爆発させる阪本

立ち上がりからアルビSは猛然と相手ボールにプレッシャーをかけ、ボールを奪うとスビードにのったパスワークで一気に相手陣内に攻め込む。しかし相手も負けておらず、身体をはった攻守で対抗してくる。最初の15分は緊迫した一進一退の攻防。

 

21分、右CKから秋山がヘッドであわせるが惜しくもバーの上。

 

23分、相手のバックパスに猛然と佐野がダッシュ、慌てた相手GKのキックをブロックするが、ボールは惜しくもゴールラインを割る。

 

34分、エリア左外からの相手FKで、野澤が飛び出し弾いたボールをシュートされるが、枠を外し事なきを得る。

 

アルビSが2点目!41分、ペナルティエリアすぐ外でFKのチャンス、これを長崎が丁寧にゴール右上を狙い見事にイン!拮抗した展開でのセットプレーからの得点で流れを一気に引き寄せる!

FKからゴール右上に正確に蹴り込み追加点をあげた長崎

 

アディショナルタイム、左から大きな展開で右に送ると、全力で走り込んできた阪本がワントラップ後に強烈なシュート。入ったかに思われたがバーを越える。

 

そしてここで前半終了。開始から両チームがフルスロットルでぶつかり合いながらも、相手のスキを突いた攻撃とセットプレーでアルビSが2点を先取し後半に挑む。

豊富な運動量で攻守に渡りチームを牽引した稲葉

 

後半最初のシュートはアルビS。左からのスローインを受けた稲葉が中央に持ち込みミドルシュート。直後から雨が振り始め、ピッチはスリッピーなコンディションとなる。

 

50分、相手選手と交錯した佐藤がピッチに倒れ込むが、一旦ピッチの外に出るも治療ののち復帰。

 

57分、左CKからファーサイドで阪本が合わせるが、叩きつけたヘディングはサイドネット外側へ。

 

61分、エリア手前で受けた稲葉が右足を振り抜くが、強烈な弾道はバーの上。

 

62分、相手のクロスが予想外にゴールマウスへ。野澤がなんとかラインぎりぎりで掻き出し、さらにこぼれたボールにつめられるが、相手のシュートミスに助けられ危ない場面を逃れる。

 

66分、ロングボールから右サイドを破られマイナスのクロスを入れられると、エリア内からフリーでシュートを許す。やられたかに思われたが、DF陣が身体を張ってブロック。

 

73分、アルビSは佐藤に代えて熊田を投入。

 

ウォーリアーズは外国人FW2人にボールを集め、力技で押し込もうとする。それに対しアルビSは、身体を張るところは張り、人数をかけるところはしっかりかけてマイボールにする。

 

76分、決定的な場面を逃す。攻撃を弾き返されディフェンスラインをあげてきたところに田中が抜群のタイミングでオーバーラップ、ワントラップ後丁寧にクロスを送ると、ファーサイドでつめた中井がフリーでシュート。しかし体勢を崩しマウスを捕らえることができず、会場にため息がこぼれる。

惜しいチャンスを逃し悔しがる中井

 

82分、左サイドを突破されクロスを入れられるが、野澤がパンチングで弾きこぼれ球にも素早く反応してクリアー。

 

86分、エリア手前で右から来たボールを長崎がダイレクトシュート、相手GKの手を弾きボールをゴールマウスへ。。。しかし左ポストに当たりゴールならず。

相手のロングボールを跳ね返し続けた柳

 

アディショナルタイム、カウンターから一気に2対2の場面と作るが、長距離を走った佐野のラストパスは精度を欠き追加点のチャンスを逃す。

 

アルビSは中井に代えて元田を投入。元田はケガから復帰し久しぶりのピッチ、元気に飛び出す。

 

そして試合終了!勢いのあるウォーリアーズに苦しい場面も作られたが、最後まで集中を切らさず緊迫した試合をものにする!

4試合ぶりの勝利をあげファン・サポーターと喜びを分かちあう

 

リーグカップ第2節
【日時】
2017年7月10日(月)19時30分 キックオフ

【対戦相手】
ウォーリアーズFC

【会場】
ジュロンイーストスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール   2
ウォーリアーズFC 0

【アルビS得点/アシスト】
3’ 阪本翔一朗(田中脩史)
41’ 長崎健人(FK)

【選手交代】
73’ 佐藤皓生 → 熊田瑠偉
90’ 中井涼太 → 元田龍矢

 

★ゲーム詳細ページはこちら