Sリーグ第16節 元田の2ゴールなど大量5得点!ゲイランを一蹴し首位をキープ!


Sリーグ第16節 アルビレックス新潟シンガポールはホーム、ジュロンイーストスタジアムにゲイラン・インターナショナルFCを迎える。

前節アウェーでのウォーリアーズ戦では、何度も訪れたピンチをGK野澤洋輔を中心とした守りでしのぎ、後半アディショナルタイムにあげた稲葉修土のゴールで勝利をつかんだ。7月7日にホウガン・ユナイテッドと引き分けて以来、リーグ戦とカップ戦をあわせて6連勝。疲れやケガ人続出で苦しい状況の中、持ち前のチームワークと最後まで戦い抜く姿勢で乗り切り、チームの結束は一段と固まっている。

今日の相手ゲイラン・インターナショナルFCは、ここまでリーグ戦14試合を戦い6勝5敗3分、勝点21で現在5位。前回の我々との対戦はリーグカップ準決勝であったが、その試合では佐野の2ゴールなどで4−0と大勝しており、油断せずにアルビSらしいサッカーを展開できれば主導権を握れるはず。

7月に8試合、今月はこの後10日、13日のシンガポールカップ準々決勝2試合、そして19日のリーグ戦とまだまだ連戦は続くが、今日の試合もしっかり勝利をあげてホームのサポーターと喜びを分かち合いたい。試合は午後7時30分キックオフ!

最初に迎えたチャンスでアルビSが先制!開始6分、ゴール正面で佐野がファールを受けFKのチャンス。長崎の蹴ったボールに秋山が飛び込み、相手DFを引きずりながらシュートを放つと、相手GKにはじかれたボールを阪本が蹴り込みイン!幸先の良いゴールでアドバンテージを得る!

先制ゴールにつながるシュートを放つ秋山

続く8分にも左コーナーフラッグ手前でFKを得ると、長崎が再び鋭いキック。相手GKの頭を越えてファーサイドにアルビS選手が飛び込むがわずかに届かず。

こぼれ球を押し込み先制ゴールをあげた阪本

15分、アルビSが追加点!右サイド鎌田がドリブルで持ち込みアーリークロス、中央で佐野が相手DFを引き連れ、そのままボールはファーサイドへ。ここにフリーで飛び込んだ元田が左足で豪快に蹴り込みゴール!アッという間に2点のリードを奪い試合を優位に進める!

左から豪快に蹴り込む元田は今日の試合2得点の活躍

20分、カウンターを受けピンチ。エリア外やや右の地点からフリーでシュートを打たれる、稲葉が間一髪スライディングでブロック。

31分、アルビSが3点目をゲット!佐野が倒されエリア右からのFK。長崎のクロスはクリアーされるが、そのボールを鎌田がダイレクトでエリア内に送り込む。そこに走り込んだ長崎が抜群のトラップで足元にピタリと止めそのままシュート、これが見事左隅に決まりリードを3点に広げる!

1ゴール1アシストと今日も決定的な仕事をした長崎

36分、相手ロングボールから攻め込まれると、最後は正面から強烈なミドルシュートを打たれるがバーの上。

41分、阪本が相手ボールを奪い速攻。ダイレクトでつなぎ長崎のラストパスに飛び出した元田がエリア内に持ち込むと、相手DFがたまらずファールで倒しPKをゲット。このプレーで相手選手に2枚目のイエローが提示され退場。PKは元田自身がしっかり決め4点目をゲット!

そして前半終了。チャンスを確実にモノにし一気に4得点。一人少ない相手に大きなアドバンテージを得て後半にのぞむ。

48分、右サイドから長崎が相手をかわしてクロス、ファーサイドに飛び込んだ田中がダイビングヘッドであわせるが枠を捕らえることができず。

56分、右サイド元田からパスを受けた阪本がドリブル、エリア手前やや右から強烈なシュートを放つが相手GKにストップされる。

そして58分、アルビSが5点目!相手エリア手前でパスをつなぎディフェンスラインにギャップを作ると、うまく相手DFの間に入った佐野にスルーパス。フリーで前を向いた佐野が落ち着いてゴール右隅に流し込みゴール!

チャンスを確実にモノにしチーム5点目をあげた佐野

59分、左サイドからの相手のクロスがそのままゴールマウスに一直線。一瞬不意を突かれたが、野澤が素早く反応しCKに逃れる。その後のCKでは、ファーサイドに流れたボールをフリーでシュートされるが、バーを越えて事なきを得る。

最後尾からチームを引き締めた野澤

60分、再びパスで相手を崩して左サイドに展開。オーバーラップしてきた田中が鋭いクロスを送ると、ニアサイドに飛び込んだ阪本がボレーを合わすが相手GKのファインセーブで防がれる。

63分、アルビSは阪本翔一郎に代えて山之内優貴を投入する。

続いて67分、アルビSは長崎健人を下げ中井涼太を送り込む。

72分、田中が左サイドにはたきエリア内に走り込むと、そこに元田が左足でクロス。ピタリと田中の頭に合うが、ヘディングシュートは惜しくも相手GK正面を突く。

76分、ここでアクシデント。相手ゴール前で佐野が足首を負傷、そのまま退場し佐藤皓生が投入される。

78分、右サイドから元田がドリブルで持ち上がりゴール前にラストパス、ここに佐藤が飛び込み左足でシュートを放つが相手DFにブロックされる。

2アシストで大活躍の鎌田は本日のMVP

83分、相手の左CKではゴール前の混戦に持ち込まれ至近距離からシュートを打たれるが、集中を保ったアルビ選手が身体を張ってブロック。

86分、左サイドを完全に崩し田中がグラウンダーのクロス、ここに飛び込んだ中井がボレーであわせるが惜しくもゴール左にそれる。

アディショナルタイム、右サイドから稲葉が鋭いクロスを送ると田中がフリーで飛び込みヘディングシュート。しかしこれもバーを越えてチャンスを逃す。

そして試合終了!開始直後から効果的に得点を重ね終わってみれば5得点の大勝。無失点でゲイランを降し首位をキープ!

Sリーグ第16節 (ホーム)
【日時】
2017年8月5日(土)19時30分 キックオフ
【対戦相手】
ゲイラン・インターナショナルFC
【会場】
ジュロンイーストスタジアム
【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 5
ゲイラン・インターナショナル 0
【アルビS得点者(アシスト)】
6′ 阪本翔一郎
15′ 元田龍矢(鎌田啓義)
31′ 長崎健人 (鎌田啓義)
44’ 元田龍矢(PK)
58’ 佐野 翼(長崎健人)

【選手交代】
63’ 阪本翔一郎 → 山之内優貴
67’ 長崎健人 → 中井涼太
76’ 佐野 翼 → 佐藤皓生

★試合詳細はこちら