シンガポールカップ準々決勝第2戦 タンピネスを2−0で退け、2試合合計7-1で準決勝進出!



 

シンガポールカップ準々決勝第2戦、アルビレックス新潟シンガポールはホームにタンピネス・ローバーズを迎える。3日前に行われた第1戦では、初めて試合をするスタジアム、エース佐野が負傷で先発回避など、不安材料がありながらも終わってみれば5得点の快勝。終了間際にPKで1点を与えたものの、4点差をつけて今日の試合にのぞむ。得失点差を考慮すればアルビSが有利な位置にいるのは確かだが、試合後のインタビューで吉永監督が語ったように、まだ準々決勝の半分が終わっただけ。今日の試合も勝利し、すっきりと準決勝進出を決めたい。

アルビSの先発メンバーは第1戦から変更なし。前の対戦ではキックオフ直後から押し込まれ危ない場面を作られただけに、開始直後は特に気を引き締めてのぞみたい。攻撃陣は、佐野は不在ながらも、2得点2アシストと絶好調の長崎、1ゴール1アシストの阪本など元気一杯。驕ることなく集中した守り、そして持ち前のハードワークを見せることができれば準決勝への道は開けるはず。試合は午後7時30分キックオフ!

最初のシュートはタンピネス。5分、左からのCKは中央でヘディングシュートを許すがゴール左。

10分、エリア右外でFKを与えるが、相手のキックを野澤がキャッチしそのままカウンター。田中が左の深い位置から前線に送ったロングボールは、中井がうまくコントロールしシュートまで持っていくが、わずかに左にそれチャンスを逃す。

16分、相手CKからクリアーボールをシュートされるが、強烈な一撃は野澤が横っ飛びでセーブ。こぼれ球を再びシュートに持ち込まれヒヤッとするが、ゴール左にそれ事なきを得る。

試合はタンピネスがやや優勢。ボールを奪うと素早くサイドに散らし、短くつないでアルビS陣内に攻め込む。

しかしそんな中、アルビSが先制!30分、カウンターから田中が持ち上がると、田中は前線にあずけてそのままゴール前へ。阪本⇒長崎とつなぎ、ポッカリ開いたエリア手前に長崎が絶妙なパスを通すと、受けた田中が相手DFをかわして右足でシュート。これが見事ゴール左上に決まり先制のゴール!機を見て攻め上がり、利き足ではなく右足で決めた田中のビューティフルゴールでアルビSが勢いに乗る!


田中が右足で先制ゴールを叩き込む

36分、中井の落としを受けた阪本が右から中央へドリブル、相手DF陣を引きつけエリア左でフリーになった長崎へラストパス。長崎はワンフェイント後に左足でシュートを放つが、惜しくも枠をとらえられず。

41分、エリア左から強烈なシュートを許すと、野澤がはじいたところをつめられる。やられたかに思われたが、野澤がこぼれ球を素早く回収しピンチ脱出。

45分、アルビSが追加点!右サイドへのロングボールを中井が相手DFと競りながらうまく身体を入れ替えマイボールに。そのままドリブルで持ち上がり中央に優しいラストパス。ここに走り込んだ元田が左足で確実に蹴り込みゴール!前半終了間際、いい時間帯での追加点で準決勝進出に向けて俄然有利な展開となる!


2点目をあげた元田は積極果敢に攻撃に絡んだ

後半開始。アルビSは野澤に代えて山田修平を投入する。山田は今季公式戦初出場。


今季公式戦初出場をはたした山田修平

52分、右からのクロスをニアサイドで合わされるが、相手のヘディングシュートはゴール前を横切りゴール左に。しかし危ない場面。

62分、ワンタッチパスで元田が右サイドを抜け出し、そのままエリア右から強烈なシュート。しかし角度のないところから放ったシュートは相手GKに弾かれる。

64分、右サイドからの相手のクロスがファーサイドで待つフリーの選手へ。そのまま至近距離からシュートを打たれるが、山田が素早く飛び出し身体に当ててブロック。


抜群のテクニックで常に相手を脅かし続けた長崎

66分、カウンターから左サイドを完全に突破されエリア内に侵入されるが、相手のシュートは秋山が身体をはってブロック。まったく集中を切らすことなく、アルビS守備陣は相手の攻撃を跳ね返す。

73分、アルビSは熊田を下げて山之内を送り込む。

79分、ピッチ中央、稲葉がスライディングで相手ボールをカット、左に展開し最後はクロスから元田がボレーシュートを放つが惜しくもゴール左。


危ない場面では必ず顔を出し相手ボールを奪う稲葉

アルビSはなかなか前線で起点が作れず、時折みせるカウンター以外はすぐに奪われては相手の攻撃にさらされる展開。最後のところでは身体を張り決定機は作らせないものの押し込まれる時間帯が続く。

アディショナルタイム、アルビSは阪本に代えて佐藤を投入する。

それでもアルビSは、うまく相手の攻撃をいなしながら時間を使い試合終了のホイッスル!シンガポールカップ準々決勝2試合合計7−1、タンピネスを降して準決勝進出!
 
 
シンガポールカップ準々決勝第2戦(ホーム)

【日時】
2017年8月13日(日)19時30分 キックオフ

【対戦相手】
タンピネス・ローバーズFC

【会場】
ジュロンイーストスタジアム

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 2
タンピネス・ローバーズFC 0
2試合合計 7-1 で準決勝進出

【アルビS得点者(アシスト)】
30′ 田中脩史(長崎健人)
45′ 元田龍矢(中井涼太)

【選手交代】
46’ 野澤洋輔 → 山田修平
73’ 熊田瑠偉 → 山之内優貴
90’ 阪本翔一朗 → 佐藤皓生

★試合詳細はこちら