Sリーグ第24節(最終節)7ゴールでゲイランを圧倒、2017Sリーグを有終の美で締めくくる


いよいよ今季のSリーグも最終戦。第24節、アルビレックス新潟シンガポールはアウェーでゲイラン・インターナショナルと戦う。
すでに2年連続のリーグ優勝を決めているアルビS。世間では消化試合と言われるかもしれないが、アルビSにとっては今日の試合も重要な一戦。まず、チームとして掲げている目標のリーグ戦勝点「60」を達成するには、この試合に負けは許されない。また、来週金曜日に控えている残り1つのタイトル「シンガポールカップ決勝」前の最後の公式戦。そして、このチーム・このメンバーで戦える残り2試合のうちの1つ。今季を最高の形で締めくくるためにも、そして応援してくれるファンのみなさまのためにも、今日の試合に勝利しリーグ戦を終えたい。
今日の相手ゲイラン・インターナショナルは勝点36で第4位。3位ホーム・ユナイテッドとの勝点差は13あり、たとえ今日の試合に勝っても順位に変動はない。どのようなモチベーションで向かってくるか予測は難しいところだが、相手のやり方にかかわりなく、今日もアルビSらしい戦いを見せてほしい。2017 Sリーグ最終戦、午後7時30分キックオフ!


今季初先発を飾ったGK山田純平

立ち上がりの8分、アルビSは相手ゴール前で小気味よくパスをつなぎ、最後は長崎がフリーでシュート。強烈な一撃であったがGK正面。
しかし次のチャンスでアルビSが先制!14分、右サイドからのパスが流れてきたところにタイミングよく走り込んだ長崎が右足でシュート、インサイドキックで巻いたキックは相手GKの手をかすめてゴールイン!


確かな技術でチームを牽引した長崎は今日2ゴール

幸先よく先制したアルビSは攻撃の手を緩めることなくたたみかける。17分、相手がはね返したこぼれ球を秋山が強烈なミドルシュート。
24分、縦パスを入れた中井がそのままゴール前に突進、佐野からの折り返しを受けてエリア内に侵入しシュートを放つが、相手GKのファインセーブにあう。
29分、アルビSが追加点!右サイドでボールを受けた鎌田がセンタリングと見せかけて切り返しエリア内に侵入。迫り来る相手DFをかわして左足でシュートを放つと、これが相手GKの手を弾きゴールイン!


切れのあるドリブルで1ゴールをあげた鎌田

32分、アルビSが3点目!素早いパス交換から相手守備陣を動かし、最後は右サイドから鎌田が鋭いクロス。これを佐野が胸でトラップして相手DFをかわし、そのまま右足で叩き込む!
39分、中に入ってきた鎌田にパスが通ると、佐野が開いてできたスペースにパス。ここに走り込んだ長崎がダイレクトで決定的なシュートを放つが、惜しくもGK正面をつく。
41分、CKのチャンスから柳の放ったヘディングは入ったかに思われたがゴールラインぎりぎりで掻き出される。そしてそのこぼれ珠を秋山が強烈なボレーシュートで狙うが、相手選手がブロックし惜しいチャンスを逃す。


攻守に渡り積極的なプレーを見せた秋山

44分、アルビSが追加点!カウンターから右サイドに展開すると、パスを受けた中井がクロス。ここに走り込んだ佐野がヘディングで叩き込み4点目をゲット!自身2点目で得点ランキングトップに並ぶ!
前半アディショナルタイム、エリア内でファールを犯しPKを与えると、これを決められ1点を返される。そして前半終了。

後半に入り体勢を整えてきたゲイランは、立ち上がりに何度か攻撃の形を作る。しかしアルビSは攻撃こそできないものの、慌てること無くしっかりと対処する。
そんな中60分、アルビSが追加点をあげる!左サイドに上がった田中に長崎からパスが通ると、深くまでえぐってクロス。ゴール前にポジションをとった佐野が頭であわせてゴール!佐野はハットトリックを達成し、得点王争いで単独首位に躍り出る!


ハットトリックを達成した佐野は得点ランキングで首位に躍り出る

67分、アルビSが6点目!相手ゴール前でパスをつなぎ守備陣を混乱させ、エリア内に侵入した長崎がフワリとボールを浮かすと、相手GKの頭上を越えてそのままゴールイン。芸術的なループシュートで追加点をあげる!
72分、アルビSは鎌田を下げて元田を投入する。
74分、アルビSが7点目!CKからはね返されたボールを拾い左に展開。長崎が中をよく見てクロスを送ると、そのまま残っていた柳が高い打点からヘディングシュート叩き込みゴール!


ヘディングでゴールをあげた柳

78分、アルビSは今日2ゴールの長崎に代えて熊田を送り込む。
79分、相手FKからゴール前に送られると、こぼれ球がゴール前での混戦となり、そのまま押し込まれて失点。
80分、ロングボールを佐野がうまく処理し左サイドに流れると、反転してそのままクロス。ここに走り込んだ熊田がエリア内でトラップしシュートを放つが、惜しくもバーを叩きチャンスを逃す。
83分、相手の足が止まったところを中井がドリブル。エリア手前で相手を撹乱しラストパス、これを受けた佐野がフリーでシュートを放つがバーを越えてしまう。


攻撃でアクセントを加えた中井

アディショナルタイム、元田がドリブルで右を突破しクロス。こぼれ球が佐野の足元に転がり決定的なチャンスが訪れるが、シュートを浮かしてしまいバーを越える。
そして試合終了。アウェーでゲイランを圧倒、2017年のSリーグ最終戦を勝利で締めくくり有終の美を飾る!

Sリーグ第24節 (アウェー)

【日時】
2017年11月17日(金)19時30分 キックオフ

【対戦相手】
ゲイラン・インターナショナルFC

【会場】
ジャランベサルスタジアム

【スコア】
ゲイラン・インターナショナルFC 2
アルビレックス新潟シンガポール 7

【アルビS得点者】
14‘ 長崎健人
29‘ 鎌田啓義
32‘ 佐野翼
44‘ 佐野翼
60‘ 佐野翼
67‘ 長崎健人
74‘ 柳育崇

【選手交代】
72‘ 鎌田啓義 → 元田龍矢
78‘ 長崎健人 → 熊田瑠偉

【リーグ成績】
順位   1
勝点  62
試合  24
勝ち  20
分け   2
負け   2
得点  70
失点  16
得失差 54

★試合詳細はこちら