SPL第9節 vs タンピネス・ローバーズFC 浅岡の決勝ゴールで打ち合いを制し開幕9連勝を飾る!



 
 
アルビレックス新潟シンガポールはSPL第9節、アウェーでタンピネス・ローバーズFCと戦う。
8日間で3試合、そしてそのすべてがアウェーというハードなスケジュールだが、これまで安定した試合運びで勝利を重ねるアルビS。前節はサブにまわったキャプテン室伏が、先発に復帰しボランチの位置へ。しかし好調を維持していたアダムが今節はメンバー外となり、代わって左サイドに山中が入る。疲れはあるが、チーム一丸となってアルビSらしい戦いで勝利したい。今週からラマダンに入り、試合は20時30分キックオフ。

開始8分、アルビSが早くも先制する。波状攻撃からチャンスを作ると、こぼれ球を拾った山中がエリア内に切れ込み相手をかわしてシュート。これが相手GKの左を抜きゴール。しかし24分、クロスの折り返しを中央で押し込まれ失点し追いつかれる。その後も試合は一進一退の攻防を見せるが、両チーム得点なく1−1で前半終了。

後半開始直後の47分、いきなり速攻を仕掛け左サイド山中からのクロスを星野がドンピシャのヘッド、強烈な一撃がゴール右隅に決まりアルビSが勝ち越しに成功。その後も押し込みチャンスを作るが、逆に63分、カウンターからゴールを許し再び同点とされる。しかし失点直後の65分、星野のシュートが相手GKに弾かれこぼれたところを、エリア外から走り込んだ山中が豪快に蹴り込みゴール。アッという間に3度目の勝ち越し。

その後も押し気味に試合を進めるアルビSだが、76分、攻め込んだところを逆にカウンターを受けゴールを許し、またもや同点に追いつかれる。そして試合はドローの雰囲気が漂いはじめた90分、中央エリア手前でボールを受けた浅岡が右足を一閃、強烈な一撃がゴール右上に突き刺さり勝ち越しゴールが決まる。結局このゴールが決勝点となり、合計7ゴールの打ち合いはアルビSの勝利。開幕から無傷の9連勝で首位を独走中!
 
 
試合詳細はこちら
 
 


 
 


積極的なオーバーラップで攻撃に参加した守安
 
 

今日も1ゴールで結果を残した星野
 
 

FKでゴールを狙う高橋
 
 

今日2ゴール1アシストと大活躍の山中
 
 

落ち着いたプレーを見せた笹原
 
 

今季初出場の芝軒
 
 

豪快なミドルで殊勲の決勝ゴールを挙げた浅岡

 
 
 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

香港
Coming Soon!

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram