SPL第10節 vs バレスティア・カルサFC 森永のハットトリックで開幕10連勝、ジュロンイースト30連勝を達成!


アウェー3連戦を3連勝で乗り切り、今節からホームゲーム3連戦に突入する。開幕10連勝を狙うアルビレックス新潟シンガポールは、SPL第10節ホーム・ジュロンイーストスタジアムにバレスティア・カルサFCを迎える。

8日間で3試合、しかもすべてアウェーという日程で戦った前節、タンピネスとの打ち合いを4−3で制し9連勝をあげたアルビS。No.10アダムがケガでメンバー外ながらも、代わって入った山中が2得点1アシストと活躍し、チームは勢いをキープ。

対するバレスティアは現在リーグ2位。前回のアウェー・トアパヨスタジアムでの試合は、終盤まで相手の固い守りに苦しめられたが、75分の相手のオウンゴールで1−0の勝利。相手は今節も引いて守り、中盤を飛ばしてカウンター攻撃という戦いが予想されるだけに、相手ペースになる前に先制点をあげたい。

今日の試合に勝てば、ジュロンイーストスタジアムでのホームゲーム30連勝となる。前回の敗戦は2015年11月13日にまで遡り、2016・2017年、そして今季ここまで引き分けもなく連勝を重ねている。この節目の試合も必ず勝利し、サポーターとともに30連勝を祝いたい。試合は20:30キックオフ。

開始10分にアルビSが早々に先制する。裏に出されたボールを森永がうまくキープし右サイドからマイナスのラストパス、ここに走り込んだ星野が左足で豪快に蹴り込む。その後もアルビSは猛攻を仕掛けて何度となく決定機を作る。しかしフェニッシュの精度を欠き追加点なく前半終了。

アルビSの2点目は後半開始直後の50分。CKのこぼれ球を拾った森永が中央からミドルシュート、カーブをかけたボールがゴール右上に突き刺さりビューティフルゴール。

その後もアルビSは押し続け迎えた68分、左サイド山中のクロスを鎌田下がりながらヘッドで押し込みゴール。鎌田の今季初ゴールで3点目をゲット。続いて71分、左スローインから山中のパスを受けた森永がダイレクトボレーを叩き込みゴール。4点目をあげ相手の戦意を削ぐ。立て続けに次のゴールは73分、エリアやや右から浅岡がスルーパス、走り込んだ森永が角度のないところから右足で豪快に叩き込み5点目。最近ゴールから遠ざかっていた森永のハットトリックで一気に5点の差をつける。

アディショナルタイムで相手に与えたPKも、野澤が横っ飛びでセーブし完封で試合終了。開幕10連勝、そしてジュロンイーストスタジアム30連勝を達成し、アルビSは首位を独走する!

 
 
試合詳細はこちら

 
 

 
 
 


切れのあるドリブルで何度も左サイドを切り裂いた山中
 
 


森永・星野の流通経済大コンビで先制ゴール
 
 


後半一気に3ゴールでハットトリックを達成した森永
 
 


右サイドから正確なクロスを送る守安
 
 


正確なロングボールでゲームを組み立てた浅岡
 
 


果敢な持ち上がりでチャンスを作る山﨑
 
 


今季初ゴールで勝利に貢献した鎌田
 
 
 
 

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

香港
Coming Soon!

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram