SPL第15節 ウォーリアーズFC『ジュロンイーストの連勝記録は続く』



SPL15節、2試合ぶりにホームへ戻って来たアルビレックス新潟シンガポールは、リーグ6位のウォーリアーズFCと対戦。

ウォーリアーズFCは、リーグ6位とランキングでは苦戦をしているものの、第7節でのアルビSとの対戦ではホームで1-2とアルビSから1点を奪っている。

アルビSは前節でセンターバックの山崎が負傷退場。今節はMFの浅岡をセンターバックへコンバートし新しい布陣でウォーリアーズを迎え撃つ。

前半、両チーム共に様子を見つつの落ち着いた試合展開が続く中、18分には室伏がヘディングシュートを放つも、相手GKのファインセーブに阻まれる。このプレーを機に、アルビSは、数回の決定機を作り出すも決めきれない。このまま前半終了かと思われたなか、前半45分に室伏が中盤でボールを受けると、そのまま加速しペナルティエリアの外からシュート。ゴールのサイドを狙った狙いすましたシュート。先制点をあげ、1-0のリードで前半終了。

後半も開始から相手ゴールに迫るアルビS。チャンスを作り続けるも、決めきれない展開が続く。終始ボールを保持しているものの、ゴールが遠いアルビSはなかなか追加点が奪えない展開。しかし、そんな流れを断ち切ったのは72分。星野がペナルティエリア外でボールをキープすると、小さいスペースに走りこんできた森永と華麗なワンツー。最後は落ち着いてファーサイドに流し込み2-0。待望の追加点。その後、試合終了間際に室伏が倒され、FKを獲得すると高橋がそれを直接狙うが、惜しくもシュートはキーパーに防がれた。最後まで攻めきったアルビS。2-0で試合終了。
ジュロンイーストでの記録を33連勝。SPL開幕15連勝と記録をまた一つ更新した。

試合の詳細はこちら


センターバックへコンバートした浅岡


復帰後、初の先発・フル出場のアダム


安定したパフォーマンスを維持する野澤


貴重な追加点を決めた星野

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

香港
Coming Soon!

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram