SPL第18節 バレスティア・カルサFC『リーグ3連覇達成!』


SPL第18節、この試合の引き分け以上でシンガポールプレミアリーグの優勝が決まるアルビレックス新潟シンガポールはアウェーでリーグ6位のバレスティア・カルサFCと対戦。

 
 
今季のバレスティアとの対戦は、前回のアルビSホームでの対戦で5-0 と大勝を収めているものの、リーグ序盤でのトアパヨスタジアムでの対戦では、バレスティアのオウンゴールで0-1の辛勝となっており、決して油断できない相手。
 
 

前半、両チームともにチャンスからシュートをいくつか放つも、今ひとつ決定機にかける展開が続く。硬直状態が続く中、均衡は突然破れた。32分にフリーキックを獲得すると、高橋が左足で直接シュート。キーパーが弾いたボールはそのままゴールへ。0-1とアルビSが先制。その後もフリーキックを獲得するも、キーパーに正面でキャッチされた。前半ロスタイムにはカウンターからほぼフリーでシュートを打たれるも。野澤が弾いてピンチを防ぐ。安定した守護神のセーブでそのまま前半終了。0-1でアルビSがリードで折り返す。

 

後半、アルビSが勢いを維持するかと思った矢先の46分、自陣でのパスミスからボールを奪われると、ビルドアップで高い位置を取っていた野澤の頭上を越えるループシュートを放たれる。野澤も懸命に触るも弾ききれずゴールへ。1-1と同点とされる。勝ち越しゴールが欲しいアルビSは、果敢に攻撃を仕掛けるが、うまくチャンスを作りきれない展開。59分には高橋がゴール前でのフリーキックを直接狙うも、ボールはわずかにゴールの枠外へ。引き分け狙いで守りに徹するバレスティアゴールをこじ開けようと攻め続けるアルビSと守りを固めながらもカウンターで追加点を狙うバレスティアでこう着状態が続く。試合はその後も、両チームともに何度かチャンスを作るが決めきれず。試合はそのまま1-1で終了。

 
 

SPL今季初の引き分けとなったが、アルビSはリーグ3連覇を達成。

試合の詳細はこちら


先発に復帰した室伏


体を張ったディフェンスの熊谷


何度も果敢にゴールを狙うアダム


本日1得点の高橋


相手の決定機を防いだ野澤

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

香港
Coming Soon!

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram