RHBシンガポールカップ 準々決勝第2節 ホーガン・ユナイテッドFC『完封勝利で準決勝進出!』



 

第1節から中2日で迎えたRHBシンガポールカップ 第2節、アルビレックスシンガポールはジュロンイーストスタジアムでホーガン・ユナイテッドFCを迎え撃つ。第1節のアウェー試合を0-1で勝利しているアルビSは、この試合引き分け以上で準決勝進出を決める。

今季最後のタイトル獲得に向けてチームは気合十分。

対するホーガン・ユナイテッドは、準決勝進出へは、この試合で2点差以上での勝利が必要となるが、前節に出場停止だったキャプテンのFabian Kwokが戻り、逆転勝利を目指しアルビSに襲いかかる。

前半、最初にチャンスを迎えたのはホーガン。中盤でボールを奪うとサイドからゴール前にボールを入れるが、中の選手が合わせることはできず。アルビSもパスを回し崩しにかかるが、ホーガンのアグレッシブなプレスに苦戦を強いられる。勢いに乗っているホーガンは、再度チャンスを迎えるが、ここでもゴールはならず。そのまま前半を終えるかと思われたが、40分にFKを獲得したアルビSは、前節に素晴らしいFKでゴールを決めた高橋が直接ゴールを狙う。キーパー正面に放たれたが、キーパーのこぼれ球を詰めていた森永が押し込みゴール。嫌な流れを吹っ切る待望の先制点。アルビSは前半を1-0で折り返した。

後半開始から勢いに乗るホーガンが最初にチャンスを迎えた。サイドからゴール前のフリーの選手にボールが入るも、飛び出した野澤が足でセーブし得点ならず。野澤のスーパーセーブでピンチを凌いだアルビS。その後もホーガンの勢いは衰えず。58分にも再びチャンスを迎えるが決めきれず。ホーガンが勢いに乗った試合展開が続く。対するアルビSも64分に星野、65分には室伏と立て続けにシュートを放つもゴールを奪うことはできない。68分にもホーガンが決定機を迎えるが、再び野澤が立ちはだかりチームを救う。勢いが戻ったアルビSは、裏のスペースに走った森永が飛び出しているキーパーの頭上を越す技ありシュートでゴール。2-0と森永の2点目でアルビSがリードを広げた。その後アルビSは、数回チャンスを迎えるがゴールはならず。スコアは動かず2-0で試合終了。

相手の勢いに苦戦ながらも森永の2点でしっかり勝ち切ったアルビSは、RHBシンガポールカップの準決勝進出を決めた。

今季の無敗記録とジュロンイーストスタジアムでの連勝記録を37連勝と新たに記録を更新した。

 
試合詳細はこちら
 

攻守にわたり存在感を出した浅岡

今節も得意のFKから得点につなげた高橋

後半のファインセーブでチームを救った野澤

日本へのトライアルが決まったアダム

サイドを駆け上がりチャンスメイクする鎌田

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

香港
Coming Soon!

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram