SPL第22節ヤングライオンズ『今季最短ゴールでヤングライオンズを圧倒! 』



 

前節から、RHBシンガポールカップと中断期間を挟み3週間ぶりに再開したシンガポールプレミアリーグ。SPL 第22節ヤングライオンズ戦。アルビレックス新潟シンガポールの選手はオフ期間でリフレッシュし、気合十分にアウェーに乗り込む。

対するヤングライオンズは、シンガポールのU-23代表選手で構成されており、中断期間にも数名の選手はフル代表としてフレンドリーマッチを2試合挟み勢いそのままにリーグ戦に臨む。
 

試合開始早々、中盤でボールを奪ったアルビSは一気にゴール前まで進むと、サイドに流れたボールをアダムが後ろから走る高橋に落とし、高橋が低い弾道のシュート。そのままゴールサイドネットに吸い込まれ開始わずか1分でアルビSが先制。早くも0-1で試合の流れを一気に引き寄せる。対するヤングライオンズもフル代表にも選出されている9番を中心にゴールへ迫り、早くもシュートを放つがここは野澤がセーブ。その後、終始落ち着いた試合運びを見せるアルビSは、16分にコーナーキックからセンターバックの熊谷がゴール。0-2とリードを広げた。

ヤングライオンズも諦めることなく、果敢に仕掛け続けると、DFのわずかな合間を抜けペナルティエリア内でほぼフリーの状態で合わせる。シュートはポストに当たったものの、シュートに反応していた野澤にあたりゴールへ吸い込まれた。1-2と前半のうちに1 点を返したヤングライオンズ。その後、アルビSが攻めてはいるものの決定機までは行かず、スコアも動かないまま前半終了。
 

後半もアルビSのゴールで幕開け。開始後わずか2分で鎌田がゴールを決め、早くもアルビSが追加点を加えスコアは1-3。後半も開始からアルビSがペースを握る。しかし、その後は、アルビSが攻め続けるも決定力を欠く展開が続く。対するヤングライオンズもアルビSのミスからチャンスを作りシュートを放つが、いずれもアルビSのDF陣とGK野澤がしっかりと対応し、ゴールにはつながらず。その後も、両チームともに決定機を作れずこう着状態のまま試合は終了。
 
1-3でアルビSがアウェーで勝利を収め、無敗記録を更新した。

 
試合詳細はこちら
 

開始早々のゴールを決めた高橋

1ゴールと攻守にわたり貢献したセンターバック熊谷

サイドで果敢に仕掛け、先制点をアシストしたアダム

試合を決定づける3点目を決めた鎌田

裏への飛び出しでチャンスメイクする森永

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

香港
Coming Soon!

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram