SPL第23節 ホーガン・ユナイテッドFC『ジュロンイーストの連勝止まるも、未だに今季無敗!』


2018シーズンのSPLホーム最終戦。アルビレックス新潟シンガポールは、無敗でリーグを終えるべく、ジュロンイーストスタジアムに駆けつけた多くのサポーターの大歓声を力に変え勝利を目指す。
 
 
対するホーガン・ユナイテッドFCはリーグ戦の結果こそ苦戦しているものの、個々のフィジカルが強く、また先日のRHBシンガポールカップでの決戦のリベンジを図るべく、気合十分にジュロンイーストに乗り込む。
 
 
前半、両チームとも様子を伺いつつも、アルビSはパスを繋ぎながらゴールを目指す。対するホーガンはボール際に激しくプレスをかけ、ボールを奪う。両チームともに決定機を作れずにいる中、14分にペナルティエリア内に抜け出たホーガン選手を倒しPKを献上。それを決められ先制点を奪われるアルビS。その後少し落ち着きを取り戻し、右サイドを中心にゴールに迫るがゴールは遠い。対するホーガンもカウンターから追加点を目指す。40分にはFKのチャンスから高橋が直接狙うもボールはわずかゴール右にそれる。ゴールが遠いまま前半終了。0-1とホームで初めてリードを許したまま試合を折り返す。
 
 

後半に入り、まずは1点返したいアルビS、後半開始早々から積極的にホーガンゴールを目指す。しかしリードを守りたいホーガンも、まだまだ追加点を狙うべく、ボール際では激しい奪い合いが続く。58分には星野が裏に抜け出しキーパーと1対1になるも、キーパーがファインセーブ。嫌な流れになるかと思われたが、その直後61分にゴール前でボールを受けたアダムが左足を振り抜き値千金の同点ゴール!1-1と試合を振り出しに戻した。勢いを取り戻したアルビSはテンポよくパスをつなげ始める。しかし対するホーガンも勢いは衰えず、激しいプレスからゴールを狙う。試合が動いたのは85分。試合中にセンターバックからフォワードに代わりゴール前まで上がっていた熊谷が落ち着いてサイドに流し込みゴール。2-1と念願の勝ち越しゴール!!会場は大歓声に包まれ、そのまま試合終了かと思われたが、ロスタイムにFKを取られると、それを直接決められ2-2と試合は再び振り出しに。さらなる勝ち越しゴールを狙いに走るが、時間が足りずタイムアップ。そのまま2-2で試合終了。
 
 
ジュロンイーストでの連勝記録は無敗記録へと変わったが、今季リーグ優勝をすでに決めていたアルビS。試合後には、SPLの記念すべき初代チャンピオンとして表彰式が行われた。
 
 
今季、残すタイトルはシンガポールカップのみ。
RHBシンガポールカップ準決勝第1節vs ホーム・ユナイテッドFC戦は9月29日(水)19:45よりジュロンイーストスタジアムで行われる。

 
試合詳細はこちら
 

チームを勢い付ける値千金の同点ゴールを決めたアダム

セットプレーからチャンスを演出する高橋

幾度となくサイドを駆け上がり攻守に貢献する守安

わずかなFWでの時間で勝ち越しゴールを決めた熊谷

得意のスピードあるプレーでチームのリズムを変える山中

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

香港
Coming Soon!

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram