SPL第24節 ウォーリアーズFC『前人未到のリーグ戦無敗達成!』



 
 
2018シーズンSPL最終戦。未だ無敗のままこの試合を迎えたアルビレックス新潟シンガポールは、史上初の無敗優勝を達成すべく気合十分にアウェーのチョアチューカンスタジアムへ乗り込む。勝って残りのRHBシンガポールカップへ弾みをつけたい。
 
 

対するウォーリアーズFCは、すでにRHBシンガポールカップでの敗退も決まっており、この試合がシーズン最後の試合となる。シーズン最終戦のホームゲーム。ウォーリアーズとしてもなんとしても勝ちたい一戦。
 
 

前半、開始からしばらく両チーム共にチャンスを作れず間延びした試合展開が続く。アルビSは天然芝に苦戦し思うようにパスをつなげられない。そんな中17分にはウォーリアーズがファーストチャンスを作るも、ここにはGK野澤が立ちはだかる。21分にもウォーリアーズがチャンスを迎える。しかし、そんな流れの中、先制点を決めたのはアルビS。24分に鎌田がDFの間を通し、中央の室伏へ。室伏がトラップから体を反転させ華麗にシュート。0-1と大事な先制点。44分ウォーリアーズのロングボールに対してのゴール前での混戦でまさかのPKの判定。それを決められ1-1の同点とされる。そしてそのまま前半終了。

 

後半、最初にチャンスを迎えたのはウォーリアーズ。裏のスペースに走りこまれシュート。しかし、わずかにゴールを外れる。立て続けにウォーリアーズが再びサイドを突破し、PKエリア内ほぼフリーでシュート。しかし、ここは守護神野澤が弾き最後はDF笹原が書き出し守りきる。そんな中、アルビSも負けじと、室伏の落としをアダムがミドルシュートを放つが、これは惜しくもポストバーに阻まれた。しかし、嫌な流れを断ち切る良いシュート。その後ウォーリアーズに何度か攻め込まれるものの、勝ち越しゴールを決めたのはアルビS。57分にサイドを突破した守安のクロスに、前節に続きFWで出場の長身熊谷がGKより先に高い位置でヘディングで合わせゴール。1-2 とアルビSが再びリード。その後も両チーム共にチャンスは数回迎えるものの、お互いに決定力を欠いた展開が続き、そのまま試合終了。

 
 
すでに優勝を早々決めていたアルビSだが、この試合の勝利で前人未到のシーズン無敗でSPL2018シーズンを終えた。
 
 
アルビSが取るべきタイトルはあと1つ!RHBシンガポールカップ優勝を目指し、
シーズンも残り2試合!次節は10月3日(水)19:45よりビシャンスタジアムでホホーム・ユナイテッドFC戦

試合詳細はこちら
 

サイドを走り正確なクロスで勝ち越しゴールをアシストした守安

高い技術力で華麗な先制点を決めた室伏

懸命なディフェンスで相手の決定機を防いだ笹原

幾度となく相手のチャンスをセーブした守護神野澤

中盤で体を張って戦い続けた森永

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

香港
Coming Soon!

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram