RHBシンガポールカップ 準決勝第2節 ホーム・ユナイテッドFC『文句なしの決勝進出!』


無敗で今季のSPLを終えたアルビレックス新潟シンガポールは最後のタイトルRHBシンガポールカップのタイトルをかけてアウェーで準決勝第2節ホーム・ユナイテッドFCと対戦。
前節をジュロンイーストで3-2と勝利しているアルビSは、この試合を引き分け以上で決勝進出を決める。

 

対するホームは、準々決勝でもタンピネス・ローヴァーズFC相手に第2節で逆転勝利を収めており、AFCアセアンチャンピオンの意地を見せつけるべく。逆転勝利へ気合十分。

 

前半最初にチャンスを迎えたのは、ホーム・ユナイテッドFC、ペナルティエリアの外から低いシュートを放つが、GK野澤がセーブ。その後もホームが攻め続ける展開が続く。10分には再びホームがFKからチャンスを迎えるがここも野澤のファインセーブで守りきる。そのあとも、27分にはペナルティエリア前でFKを与えるとあわやゴールかと思われたシュートも野澤がスーパーセーブ。なんとしても先制点の欲しいホームが終始攻め続ける展開。アルビSもカウンターから熊谷がゴール前でシュートを放つも、これは惜しくもGKに阻まれる。その後アルビSは鎌田がシュートを放つものの枠の外、野澤のファインセーブが際立つ内容のまま0-0で前半終了。
 

後半早々、両チームともにチャンスを迎えるもゴールは生まれず。試合は白熱した攻防戦が続く。そんな中、均衡を破ったのはアルビS。63分に、直接狙うには距離があるかと思われたFKを高橋が豪快に直接シュート!放たれたシュートはキーパーの手を弾きゴールへと突き刺さった。待望の先制点はアルビS。しかし、油断はできない。その直後にはホームもペナルティエリアの外からシュートを狙うが、わずかにゴール枠の外。ひやりとする瞬間。何としても点を取りたいホームに対し、立ちはだかる野澤。70分にはゴール前のクロスからフリーで強烈なヘディングシュートを放たれるも、野澤が神がかった反応を見せスーパーセーブ。その後もホームがアルビSゴールへ攻め続く中耐えるアルビS。89分にもゴールと思われたヘディングシュートを左手一本で弾き出した野澤。最後まで野澤を中心にアルビSが1点を守りきり0-1 で試合終了。

 

ホームの激しい攻撃を耐え忍んでの勝利。
準決勝も2戦勝利で飾り、文句なしに決勝進出を決めた。
今シーズン最後の戦いとなるシンガポールカップ決勝戦は、10月6日(土) 20:00ジャランベサールスタジアムにて、今季最後のタイトルをかけブルネイDPMMと対戦する。

試合詳細はこちら

 

豊富な運動量で90分走り続けた鎌田

集中を切らさず、最後まで守りきったセンターバックの山崎

豪快なFKで試合を決めた高橋

神がかったセービングでチームを勝利へ導いた守護神野澤

前線でチームのために体を張り続けた熊谷

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

香港
Coming Soon!

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram