2019 SPL第6節 vsヤングライオンズ『後半アディショナルタイムにあげた執念のゴールで3連勝!』


徐々に調子を上げてきたアルビSはここまで1勝3敗と苦しむヤングライオンズと対戦。
スタメンに前節からの変更はなく、ここ2試合で接戦を勝ちきった勢いそのままに3連勝を目指したい。

KIRIN DAYを開催し、満員となったジュロンイーストスタジアム。
やや曇った空のもと、アルビSボールでキックオフ。

立ち上がりからアルビSはボールが前線に収まらず、ヤングライオンズに押し込まれる苦しい展開となる。
仲村、山﨑、鎌田を中心にボールを前に運ぼうとするものの、ヤングライオンズの前線からの守備で対応され、なかなかスムーズにボールを動かすことができない。

その中で14分、堀越と仲村のコンビネーションから右サイドを突破し、CKを獲得。
するとキッカー仲村のボールにニアへ走り込んだ高橋がヘディングシュートでゴールネットを揺らし先制に成功する。

先制したアルビSは徐々にボールも回せるようになり攻撃の回数が増えていく。
22分、ヤングライオンズDFのバックパスをダニエルがカットし絶好のチャンス。しかし、GKに阻まれシュートまで持ち込むことができない。

続けて仲村のロングパスを受け取った堀越が相手DFをかわしてシュートを放つが惜しくも枠の左に外れる。

集中したディフェンスで試合を支配し始めていたアルビSだったが、29分、厳しい判定でPKを取られてしまう。アルビSの選手も必死に抗議をするが、判定は覆らず。
このPKをきっちりと決められ、1-1の同点とされる。

その後はお互いにチャンスを作れず前半終了。

ここで、雷警報のサイレンが作動したため、試合は約1時間中断する。

試合は19:30に再開。
後半開始からアルビSはフィラスに代えて田辺を投入。

中断があったものの立ち上がりから両チームともに集中して試合に入る。
アルビSはサイド攻撃やセットプレーからチャンスを作ろうとするが、なかなか決定機には結びつかない。

66分にダニエルに代えて平賀を投入し、攻勢を強めるアルビS。

すると72分に仲村、85分に堀越がGKとの1vs1を迎えるが決めきることができない。

度々試合が止まる難しい展開の中、DF陣はリスク管理を徹底し相手の攻撃をシャットアウトしており、押し込んだ展開で何としても勝ちきりたいアルビS。

アディショナルタイム1分、大原のクロスに平賀が合わせヘディングシュートを放つがゴール左へわずかに外れてしまう。

しかし、最後まで諦めないアルビSはアディショナルタイム8分、スローインから仲村が切れ込み、中央に送ったラストパスに鎌田が右足を振り抜く。
ボールは相手GK、DFに当たりながらもゴールへ転がり込み、アルビSが執念の勝ち越しに成功する。

このまま試合は2-1で終了し、アルビSは3連勝を達成する。

苦しい試合を勝ちきることができたアルビS。
次節は中2日でのアウェーゲームとなるが、粘り強く戦い勝利を掴みとりたい。

 
 
 

2019SPL第6節(ホーム)
■日時
2019年4月21日(日) 17:30キックオフ

■対戦相手
ヤングライオンズ

■会場
ジュロンイーストスタジアム

■スコア
アルビレックス新潟シンガポール:2
ヤングライオンズ:1

■アルビS得点者
14分 髙橋 成樹
90+8分 鎌田 啓義

■アルビS選手交代
46’ フィラス → 田辺 大智
66’ ダニエル → 平賀 能捷

■次節の予定
SPL第7節(アウェー)
2019年4月24日(水) 19:45キックオフ
vs ホーガン・ユナイテッドFC @ ジャランベサルスタジアム

 
試合詳細はこちら

 
 
 


 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram