2019 SPL第19節vs タンピネス ローバーズFC『タンピネス攻撃陣を止められず敗戦、足踏み続く』


 
 
アルビSにとっては3週間ぶりのリーグ戦となる今節は、タンピネス ローバーズと対戦する。
他のチームは中断なく試合を消化しており、順位表の上では4位へと転落したが、残り試合全勝すれば自力での優勝が可能となっている。

直近3試合勝星無しとなっていたアルビSは、試合がない期間中に1週間のオフを取り心身の回復を図ったほか、怪我で離脱していた選手のリハビリも順調に進み、ほとんどの選手がプレー可能となった。
この試合でも笹原、そして前節までベンチスタートとなっていた堀越がスタメン復帰を果たす。

一方タンピネスはリーグ最多得点を誇っており、
破壊力抜群の攻撃陣の中でも、特に両ウイングのウェブ、恵は個人で局面を打開するプレーから何度も得点に結び付けているだけに、とりわけ細心の注意を払いたい。

今シーズン1分2敗と鬼門となりつつあるアワタンピネスハブだが、リーグ優勝へ向け重要な一戦がスタートする。

キックオフ直後、いきなり攻め込まれるアルビS。
ボールを奪えずペナルティエリア手前までボールを運ばれると、たまらずファールを犯してしまう。
すると、このFKを直接決められ、開始2分でいきなりの先制を許す。

エンジンのかからないアルビSはセカンドボールもほとんどタンピネスに回収され、一方的に攻め込まれてしまう。

すると18分、相手のクロスを山﨑がヘディングでクリアしたところで、ファールを取られPKを献上する。
キッカーのウェブが蹴ったボールはクロスバーにあたり、こぼれ球もなんとか福留がキャッチし、ゴールを死守する。

攻撃に転じていきたいアルビSだが、
恵にドリブル突破を許しフリーでシュートを放たれるなど、タンピネス攻撃陣を止めきれずにいると、24分、ゴール前を簡単に崩され、再び失点を喫してしまう。

2点のビハインドを背負ったアルビSはようやくプレーのスピードが上がり、プレーにキレが見え始めるが、要所でのミスが重なりチャンスには結びつかない。

前半はこのままペースをつかめず終了する。

後半開始からフィラスに代えて田辺を投入し、チーム全体を活性化させたいアルビS。
パススピードを上げ、タンピネス守備陣をくずしにかかる。

しかし、各プレーヤーの動きがかみ合わず、ミスが続くと、次第にタンピネスがボールを保持する時間が長くなる。

リーグ優勝のためにも負けられないアルビSはザマニに代えて平賀を投入し、前線のテコ入れを図る。
しかし直後、ボールの配給役となっていた山﨑が脚を痛め、髙橋との交代を余儀なくされてしまう。

それでも代わって入った髙橋が積極的にボールを動かし攻撃に転じると堀越、仲村がシュートが放つなど惜しいシーンを作り出し始める。

しかし、残された時間はあまりにも短く、ゴールを決めることができないまま、0-2で試合終了を迎えた。

リーグ優勝に向け、手痛い敗戦となってしまったが、残る可能性を信じて戦っていくしかない。
次節は再び上位ホーガンと対戦。

チーム一丸となって戦い、勝利を掴みたい。

 
 
 
2019SPL第19節(アウェー)
■日時
2019年8月18日(日) 17:30キックオフ

■対戦相手
タンピネス ローバーズFC

■会場
アワタンピネスハブ

■スコア
アルビレックス新潟シンガポール:0
タンピネス ローバーズFC:2

■アルビS得点者
なし

■アルビS選手交代
46′ フィラス → 田辺 大智
76′ ザマニ → 平賀 能捷
78′ 山﨑 海秀 → 髙橋 成樹

■次節の予定
SPL第23節(アウェー)
2019年8月27日(火) 19:45キックオフ
vs ホーガン ユナイテッドFC
@ジャランベサルスタジアム

 
試合詳細はこちら

 
 
 


 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram