2020年3月7日(土) SPL第2節 バレスティア カルサFC戦の結果について



 
 
いつもアルビレックス新潟シンガポールにあたたかいご声援をいただき、誠にありがとうございます。
3月7日(土)に行われました2020 SPL第2節 バレスティア カルサFC戦の結果についてお知らせいたします。
 
 

 
 
【日時】
2020年3月7日(土) 17:30キックオフ
 
 
【対戦相手】
バレスティア カルサFC
 
 
【会場】
ビシャンスタジアム
 
 
【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール:2
バレスティア カルサFC:2
 
 
【アルビレックス新潟シンガポール得点者】
52′ 谷口 遼弥
89′ 西口 黎央
 
 
 
 
【重富監督 試合後コメント】
相手がやってくることはわかっていましたが、それでもやられてしまったというのは我々に隙があったということだと思います。ビハインドの状況で試合が中断するなど難しい状況の中で、最低限の勝点1を取れたという試合だったと思います。
ピッチ状態も含めて相手と条件は同じなので、その中でもっと我々が取り組んでいるサッカーを展開していかなければいけませんし、良い教訓にして次節に向かいたいと思います。ブルネイDPMM戦は移動も含めて、かなりタフなゲームになりますが、しっかり勝点3を積み上げて、笑顔でシンガポールに帰ってこれるように頑張ります。
 
 
【西口選手 試合後コメント】
中断している間にもみんなで絶対に点を取ろうと高めあっていたので、結果として追いつくことができて良かったです。
(得点シーンを振り返って)チームメイトの理央がゴールを守ってくれて、そこからうまくカウンターに入ることができました。ゴール前に枚数をかけるのを意識していたので自分も中に入り、結果として自分の目の前にボールが転がってきたので、あとは触るだけでした。
(次の試合に向けて)勝点3を取れるようにみんなで1週間練習頑張って、絶対勝ちます。
 
 
【ダニエル選手 試合後コメント】
とてもタフな試合だったと思います。
チームとしては1-0、2-1という状況にあっても、気持ちを落とさずプレーできたことが、結果として引き分けを手にすることにつながったと思います。
次の試合に向けて改善を行って、勝点3を取りたいと思います。
 
 
【谷口選手 試合後コメント】
得点を取れているのは嬉しいのですが、やっぱり最初から出れないという悔しさがあり、90分通して試合に出て活躍したいという思いが強いので、これからも得点、アシストという結果でアピールしていきたいと思います。
試合中断はありましたが、あんまり気にすることなく、再開したら集中してやるっていうのを意識していました。残り15分で1-2という苦しい状況でしたけど、チームのみんなが1点、2点取れるって信じてやれたと思うので、そこは勝点1につながったと思います
次はブルネイへの遠征となり、タフな試合になると思うのですが、自分個人としてはゴール、アシストなど結果残して、チームで勝点3取れるように、そしてタイトル取るために一つ一つの試合を大切にしていきたいです。
 
 

 
 
 

スタメン起用のダニエル ゴー選手は自慢の快足からチャンスを作る
 
 
 

佐久間選手は終盤のシュートブロックでバレスティアに試合を決定づける3点目が入るのを防いだ
 
 
 

右サイドに留まることなく左サイドまで駆け上がるなど豊富な運動量でチームを支えた橋岡選手
 
 
 

最後方からのパスでチームの攻撃をスタートさせる大川選手
 
 
 

終了間際の同点ゴールを喜ぶ選手たち
 
 
 
 
 
 

 
 

 


「フォロー」「いいね!」よろしくお願いいたします!

シンガポール
アルビレックス新潟シンガポール
Facebook Twitter Instagram

チアダンススクール
Facebook  Instagram

サッカースクール
Facebook Instagram

ジョホールバル
チアダンススクールジョホールバル校
Instagram

サッカースクールジョホールバル校
Facebook Instagram

ミャンマー
サッカースクールミャンマー校
Facebook Instagram

バルセロナ
アルビレックス新潟バルセロナフットボールアカデミー
Facebook Instagram