【第5日目:Ayeyawady United FC U-19】


Ayeyawady United FCはミャンマーのプロサッカーチームで、ヤンゴン市内から車で5時間ほどのAyeyawadyエリアをホームとしています。ヤンゴンには地方都市をホームとするプロサッカークラブがいくつかあり、選手たちはヤンゴン市内で生活・トレーニングをしつつホームゲームのときに地方都市にでかけていきます。地方ではなかなか生活が厳しく施設も整っていないことから、ここヤンゴンに生活と練習基盤を持っているということだそうです。
 
 
選手たちはさすがにプロチームの下部組織に所属していることもあり、非常にレベルの高い指導となりました。紅白戦に入った新潟のコーチたちもスピードや身体の当たりについていけないシーンもあり、ポテンシャルの高さを感じさせてくれました。
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
【『J.LEAGUE FOOTBALL CLINIC Supported by ASIA Center』開催レポート】
【第1日目:オープニングセレモニー】
【第2日目:ヤンゴン体育学校】
【第3日目:デフサッカーミャンマー代表選手&養育施設Dream Train】
【第4日目:ヤンゴン日本人学校】
【第6日目:児童養護施設Agape Child Development Center】