Newsニュース

【マッチレポート】2021 SPL MD17『まさに蔵波劇場!途中出場から後半怒涛のゴールラッシュを牽引!』

レポート2021年8月29日
前半、中央を分厚くして守るバレスティアを相手にボールを保持しますが、それぞれの攻撃が単発に終わって押し込んでいくには至りません。そんな流れを一変したのが、後半開始とともに投入された近藤蔵波選手。47分に先制ゴールをアシストすると、50分、64分の連続ゴールで試合を一気に決めました。最後は谷口選手が1点を加えて4-0と快勝。まさに蔵波劇場と呼べる、そんな試合となりました。



前節負傷退場したニッキー選手に代わってスタメンに名を連ねたのは、二種登録選手としてトップチームの活動にフル帯同するU17のジュンキ選手。2度目のメンバー入りで初スタメン初出場を果たします。
一方のバレスティアカルサはリーグ下位に沈みますが、前節でACLに出場したタンピネス ローバーズに5-2で圧勝。中でもFWのズズ選手は9試合連続13ゴール中と絶好調です。アルビS守備陣も最警戒のもと試合に臨みます。



序盤から左サイドの永澤選手、右サイドの橋岡選手、最前線では谷口選手が相手ディフェンスラインの背後を狙っていきます。リーグデビューとなったジュンキ選手も物おじしない堂々としたプレーぶりでチャンスに絡みます。
ズズ選手や星野選手などフィジカルの強いバレスティア攻撃陣には、厳しくプレッシャーをかけてボールを回収していきますが、素早くブロックを構築するバレスティアを前に効果的なパスを入れられず、起点を作ることができません。



どこか重苦しい前半を過ごしたアルビSは、後半開始からジュンキ選手、ユエン選手に代えて、近藤選手、花田選手を投入します。

すると後半開始早々の47分、左サイドでボールを受けた近藤選手がキレ良く相手DFをかわしてクロスを上げると、合わせたのは谷口選手。ヘディングシュートが相手DFに当たってゴールに入り、後半早々アルビSが先制点を手にします。



さらに50分、前線からのプレッシングで手塚選手がボールを奪うと、谷口選手がそれを収めて近藤選手へラストパス。足裏でのボールコントロールから間髪入れず放ったシュートはゴール右のサイドネットを揺らし、一気にリードを広げます。



連続ゴールに焦りを見せるバレスティア。ズズ選手へとシンプルにボールを送りますが、山下選手、国本選手が厳しく身体を寄せて自由を与えません。下がった位置からのドリブルにも粘り強く対応して、ゴールから遠ざけていきます。フィジカルとスピードを生かしたプレーは迫力満点でしたが、この日は0点に抑え込みました。

一方、その後もテクニックとスピードを活かしてアルビSの攻撃を牽引するのは近藤選手。
あらゆる決定機に絡み、自らも積極的にゴールを狙っていきます。
64分、ゴールからおよそ25mの位置で常盤選手からボールを受けると、近藤選手は迷わずシュートを選択。ニアポスト側に軽々と決め切ってスコアを3-0とします。



得失点差も気になってくるリーグ終盤、アルビSは攻撃の手を緩めません。
77分、自陣でクリアしたボールはバレスティアに拾われますが、谷口選手が1人で猛追。相手GKへのバックパスにも追いかけてコントロールミスを誘うと、一足先にボールに触ってゴールへと押し込み、この日2点目を決めます。



86分、今度は近藤選手のふわっとしたスルーパスから、常盤選手がグラウンダーのクロスを送ります。ファーサイドへと流れたところ、橋岡選手がフリーでシュートを放ちますが、惜しくもクロスバーに嫌われ、ゴールとはなりません。



その後は橋井モリソン選手もリーグデビューを飾った中、愚直に追加点を狙っていきますが、これ以上スコアは動かず4-0で試合は終了。
怒涛のゴールラッシュ、そして2試合連続のクリアシートでスタンドに集まったサポーターの大声援に応えました。



1試合消化の少ない2位セイラーズとの勝点差を5に広げたアルビS。次節は2週間後にホームにゲイランインターナショナルを迎えて対戦します。通常より1週間多い準備期間で、セイラーズとの直接対決を含めた最後の4試合に向けた調整をしていきます。



[試合詳細はこちら]



『レポート』関連記事

Partners

Main Partners
Uniform Partners
Club Partners
Training Wear Partners
Apparel & Footwear Partners
Conditioning Partners
School Partners
Albirex Sports Development Fund Partners
Club Albirex